ブログ

詰め物の寿命

 

 

 

 

こんにちわ、歯科助手の友附です。

患者様に詰め物や被せ物がどれくらいもつのかよく聞かれます。
 
虫歯になってしまうと治療して被せ物や詰め物をしますが、
実はそれらは一生物ではないです。
 
保険が適用する銀の被せ物や詰め物の平均的な耐用年数は5〜7年だと言われております。
 
人それぞれ、治療した先生、口腔内の状態、食生活、生活環境は違うので、これよりも早く取れたり壊れたりしてしまう人もいれば、何十年と問題なく使っている人もおられます。
 

なぜ詰め物や被せ物には寿命がきてしまうのかというと、保険で使っている金属はあまりいい材質を使っていません。
保険治療では生活していく上での最低限度の治療を目的としているからです。
 
使っているうちにどんどん劣化してきてしまい、歯と被せ物の間に隙間ができ、
そこに汚れが入り込むことにより虫歯になって取れてしまったり、
歯と詰め物をくっつけているセメントが劣化してきてしまって
取れてしまったりということが考えられます。
 
それ以外でも、噛む力はとても強いものです。
噛む力によって詰め物や被せ物が壊れてしまうこともあります。
 
特に被せ物で神経のない歯は栄養が歯に行き届かず枯れ木のようにスカスカな状態です。
そのために神経のある歯よりも歯自体が割れやすくなってしまいます。
 
 
詰め物被せ物には色々な材質がございます。
その材質によっても耐久性、審美性、むし歯リスクなど違うので、気になる方はご相談ください。

歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。