ブログ

虫歯をメンテナンスで予防。


こんにちは。
衛生士得津です。
先日、テレビで特集があり、そこで最近、お仕事が急がしいとか、お子様の場合、乳歯ははえかわるからと、虫歯を放置する人が増えているそうです。

虫歯を放置するとどうなるとおもいますか?

虫歯を放置するのは、とても危険なことです。
歯が溶けてなくなってしまうだけでなく、命に関わることもごくまれにあるのです。
虫歯は、細菌が糖分をエサにしてつくり出す酸によって歯が溶かされてもろくなり、穴が開いてしまう現象です。
歯の表面は、体の中でもっとも硬い「エナメル質」という組織で覆われています。
そのため、虫歯初期段階においては、症状がゆっくりと進行していきます。
しかし、その下にある「象牙質」はやわらかい組織なので、虫歯菌が象牙質に達すると、一見小さな穴しか空いていないように見えても、虫歯が一気に大きく広がってしまうのです。
そのまま虫歯を治療せずに放置していると、虫歯菌は神経(歯髄)に到達し、痛みが起こります。
それでもさらに放っておくと、虫歯菌に侵された神経はやがて死んでしまいます。
本来であれば、死んでしまった神経は歯の根管治療を受けて取り除きます。
しかし、そのままにしていると歯の中で腐敗し、やがて細菌をばらまくようになるのです。
神経が死んでいるので、ここまで来れば虫歯の痛みはもうありません。
腐った神経からばらまかれた細菌は、あごの骨にまで広がっていきます。
すると、あごの骨が炎症を起こして化膿し、歯茎から膿が出るようになります。そして、あごの骨髄が細菌に感染して「骨髄炎」になり、熱や嘔吐、体調不良などが続くようになることもあるのです。
さらに、細菌が血液の中に入り込んでしまうと、全身をめぐって「肺炎」や「脳梗塞」「心筋梗塞」を引き起こしたり、心臓や脳が虫歯菌に感染して、重篤な後遺症が残ったりするなどといったケースもごくまれにあります。

虫歯は、早期に発見することができれば、簡単な処置や対処法で済みます。
しかし、初期の虫歯は痛みやしみる、腫れなどの自覚症状がなく、気づかないうちに虫歯が進行していることも少なくありません。

ですので、定期検診がとても大切になります。
ぜひ、おまちしております。

歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。