ブログ

歯ぎしりについて


こんばんは!

歯科衛生士の森です。

 

今日は、歯ぎしりについてお話します!

実は歯ぎしりは種類があるのは

ご存知でしょうか?

 

①グライディング

顎を大きくスライドさせることで起きるグライディングは歯を大きく削ってしまいます。中でも臼歯部は、一番噛む力が強いところなので噛む面が真っ平らになってしまうほどです。グライディングをするとギーギーという音がします。そして強く噛みしめているので噛むときに使われる咀嚼筋へも負担が大きくなります。

歯同士が磨り減ることで歯の神経が露出するので知覚過敏症のような冷水への刺激、グミなど甘みに対する痛みを感じることもあります。

 

 

②タッピング

タッピングとはカチカチカチと歯を小刻みに噛み合わせることです。グライディングに比べれば歯の削れる量は少量ですが音が気になるという人がいます。同部屋で寝ている人はカチカチという音が気になってしまうので、そういった人からの指摘で気づくことが多いです。また、歯ぎしりは無意識下で起きるのが一般的ですがタッピングは意識がある日中にも起きることがあります。いわゆる、チック症の患者さんが目をパチパチと過剰に瞬きするのと同じで、カチカチしないと落ち着かない症状もあります。これはある種、癖になっている状態でタッピングしないように意識すれば大幅に改善できます。

 

③クレンチング

歯ぎしりの中でも一番気づかれにくく、治療も遅れてしまうのがクレンチングです。クレンチングはいわゆる食いしばりの状態で、音も少なく歯も削れにくいので発見が遅れてしまいます。

 

歯ぎしりはストレスや喫煙などさまざまな要因が重なって起きるものです。

 

ナイトガードをして少しでも歯のすり減りを減らす事はできますが、対処療法ですので根本的には治りません。

 

1度気になる方はご相談ください!

歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。