痛みの伴う歯周病の治療を無痛麻酔で軽減

「歯医者さんの治療で痛い思いをした」という人は少なくはないでしょう。口の中は、体の中で最も敏感な場所で、痛みを感じる神経が多く存在します。歯科治療を受ける時に感じる痛みはとても鋭く、耐えられないという人もいますよね。歯周病の治療で行われる歯石取りは私たちが見ることの出来ない歯茎の下まで行うため、歯がしみたり痛みを伴うことが多いです。そんな歯石取りを、しみたり痛みを伴わず歯周病の治療を受けることが出来る方法があります。今回は痛みの伴う歯周病の治療を軽減する無痛麻酔について紹介します。

歯石の取り方と器具について

歯石の取り方と器具について

歯石取りで使用されるのは、手用スケーラーとエアスケーラ、超音波スケーラーの3種類があります。この3種類のスケーラーの中で痛みを伴いやすいのが、機械で動くエアスケーラと超音波スケーラーです。この3種類のスケーラーは歯石がある部分によって使い分けるため、痛みを比較的伴いにくい手用スケーラーのみで歯石全てを取り除くということは出来ません。

無痛麻酔とは?

無痛麻酔とは、痛みを伴う歯石取りを無痛で受けるために局所麻酔を使用することです。局所麻酔には表面麻酔と浸潤麻酔の2種類があります。

■表面麻酔
針を使わずに歯茎の表面に塗る麻酔が表面麻酔です。表面麻酔は歯茎の上にある歯石取りである程度痛みを抑えることが出来ますが、歯茎の下の深くにある歯石を取る場合は表面麻酔のみでは痛みを感じてしまいます。

■浸潤麻酔
表面麻酔のみでは痛みを生じてしまう場合に使われます。浸潤麻酔は針を使うことにより歯の神経まで効かせ、歯茎の下の深くにある歯石を痛みがない状態で取ることが出来ます。

麻酔に対する痛みは?

麻酔に対する痛みは?

本来ならば浸潤麻酔を行う前に表面麻酔を行って痛みをなくしますが、表面麻酔が効いていない状態で針をさすことで痛みが起こります。この問題を改善するのが超極細の針です。針は細いほど痛みが少なくなります。また浸潤麻酔の麻酔液を入れる時にも痛みが起こります。この問題を改善するのが電動麻酔注射器です。電動麻酔注射器で一定の麻酔液を入れることによって痛みが少なくなります。

まずは歯医者さんに相談してみよう

「治療=痛みがある」と思い、無理して治療を受ける人がいますが、あまりにも我慢し続けるとストレスを感じてしまい、体に負担となります。また痛みからの恐怖で歯医者さんへ行くことが遠のいてしまうとせっかく受けた治療が無駄になってしまいます。我慢せず、まずは歯医者さんへ無痛麻酔について相談することから始めましょう。