インプラント治療前のカウンセリングで聞いておくべきこと!

インプラント治療を行う前には、必ず歯科医師とのカウンセリングが行われます。この段階で、お互いのイメージを擦り合わせておくことが大事。しかし、歯医者さんに苦手意識があったり緊張しやすかったりする人の場合、気になっていることが全て質問できない可能性もあります。しかしご安心ください。今回はインプラント治療前のカウンセリングで聞いておくべき内容について、お話しします。ぜひカウンセリングの際に役立ててください。

カウンセリングが重要である理由とは?

カウンセリングが重要である理由とは?

歯科医師が患者さんに対して行うカウンセリングでは、治療内容について詳しい説明が行われます。患者さんによって、骨格や口の中の状況は異なるもの。そのため、全ての人に当てはまるマニュアルのようなパターンはありません。手術後に「こんなはずではなかった」「思っていたイメージと違う」という後悔を起こさないように、歯科医師側もしっかりと説明する義務がありますし、患者さん側もしっかりと話す必要があるのです。

カウンセリングを行う前の心構えについて

いくら相手が歯科医師とはいえ、口の中の悩みについて話すのは恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。しかし、どのような悩みがあるのか、そしてどんな風に解決したいからインプラント治療を希望しているのか、それは患者さん自身が話さないことには伝わりません。また専門カウンセラーがいる歯医者や、女性医師や男性医師を選ぶことができる歯医者、個室カウンセリングルーム併設の歯医者もあるため、自分が話しやすい雰囲気のある歯医者を選ぶこともひとつの方法です。

カウンセリングで必ず聞いておくべきこととは?

カウンセリングで必ず聞いておくべきこととは?

まず、基本となるのはインプラントの種類と、値段。そして治療期間や通院回数です。特に費用の場合、手術費以外に請求されることがあるため、最初の金額でどこまで可能なのか、しっかり聞いておく必要があります。また、施術後のメンテナンスの回数や内容、お手入れ方法も重要です。実際の施術例の写真を見せてもらえるか、お願いするのも良いでしょう。
同時に、あまり考えたくないかもしれませんがリスクやトラブルに関する質問もしておきましょう。手術中や術後のトラブル、インプラント治療を行うことにより生じるリスクを尋ね、しっかり答えてくれる歯科医師であれば、信頼できるという証にもなります。ホームページなどにいくらQ&Aなどとして掲載されていたとしても、あなたと同じ骨格や口内環境を持っている人はいません。「こんなことを聞くと面倒な患者だと思われるかも?」とためらうことなく、気になる点については積極的に質問することをおすすめします。