夏の暑さで歯が痛い…その原因ってなに?

一昔前に比べて、夏の気温上昇は異常になってきています。真夏日(最高温度30度以上)より上の猛暑日(最高温度35度以上)という言葉が誕生するほど暑さは増しています。夏は天候の変化に伴って、気圧の変動があるからか、冷たいものを食べ過ぎるのがきっかけか、歯が痛み出す人がいらっしゃいます。今回は、暑さが原因の歯痛についご紹介していきたいと思います。

暑さに人は弱く、抵抗力が下がる

暑さに人は弱く、抵抗力が下がる

夏風邪は長引きやすいと昔からいいますね。冬の風邪よりも夏風邪の方が重く見られる傾向があるのは、ひとえに冬よりも夏の方が免疫力が下がっているからです。なぜ夏に免疫力が下がるのかというと、室内と室外の気温差が考えられます。室内は涼しく快適ですが、室外は30度超えになります。体温調節は自律神経によって行われていますが気温差が激しいと自律神経の乱れを引き起こし、免疫力が低下していきます。それに、夏バテを引き起こすと食欲も低下していき、栄養が充分に摂れていない状態になるので免疫力の低下を招きます。熱帯夜が続いて寝不足になることや、お風呂よりもシャワーの利用が増えて身体を充分に休ませることができないことも要因の一つです。

免疫力が下がると歯痛を起こす疾患

免疫力が下がったときに症状が強くなるのは「炎症」を伴う病気です。炎症は痛みや腫れ、患部の熱感が症状としてあげることができます。炎症の起きる原因は細菌感染で、感染していた細菌たちは正常な免疫力だと破壊されますが、低下していると炎症を起こして悪さを働きます。
歯科領域で有名な炎症は、歯周病や歯肉炎、歯の神経が炎症を起こす歯髄炎等です。痛みが強い場合は痛み止めを服用してもらい、同時に感染している細菌を殺すために抗生物質も服用してもらいます。口腔領域で痛みが強く口から物を入れることができない場合は抗生物質の静脈投与も検討します。

夏の歯痛にならないために必要なこと

夏の歯痛にならないために必要なこと

夏に起きる歯痛に対して大切なことは、免疫力を下げないようにすることです。食事はバランス良く食べて、適切なエアコンの温度設定をして、身体が休めるような環境作りをすることが大切です。
そして何よりも大切なことは、炎症を起こす原因を除去しておくことです。歯周病や歯肉炎は口腔内が不潔だと起きやすく、歯髄炎は虫歯が進行して起きることがほとんどです。
定期的にヨクシオファミリー歯科で検診を受けて、お口の健康管理をしておきましょう。