つわりが辛い「妊娠初期」におすすめのオーラルケア方法!

妊娠初期に多くの妊婦さんに見られるのがつわりです。つわりは吐き気や匂いに過敏になるなど個人差があります。
そんなつわりが辛いときは口腔内が不潔になりやすいですが、安定期に入らなければ歯科医院で治療や処置は原則行えません。
妊娠初期に何をすれば口腔内を清潔に保つことができるのかについて説明していきます。今現在つわりが辛い人も赤ちゃんのためにもう少し頑張ってくださいね。

つわりと歯科

つわりと歯科

つわりと一言で言ってしまいがちですが、実はつわりにも種類があります。
匂いつわり…匂いに敏感になって普段は気にならない匂いに敏感になることです。歯磨き粉の匂いにも敏感になってしまってブラッシングがおろそかになる原因です。対処法は歯磨き粉を無香料のものにするか、歯磨き粉をつけないでブラッシングすることです。

■食事つわり
空腹になるとつわりを引き起こしてしまいます。空腹にならないように食事を何回も取らなければいけません。
通常であれば人間は食後、口腔内のpH(酸性かアルカリ性かを測る指標)が酸性に傾きます。PHが酸性ということは歯が溶けやすい状況になっていて、このときに歯磨きをすると歯が削れやすいので、自分で歯を削っているのと同じ状況になってしまいます。食事が終わると唾液だけが分泌されます。唾液には酸性に傾いてしまっているpHをアルカリ性の方向へ持って行き中性に戻す役割があります。食後だいたい20分くらいすれば口腔内のpHは中性に戻り歯が削れやすい状況から脱します。それが食事つわりだと常に食後の状態なので口腔内が虫歯に陥りやすくなっているのです。

■吐きつわり
吐き気を伴い、嘔吐をすることもしばしばあります。食事を取っても嘔吐してしうことや、吐き気で食事をすることも難しくなり低栄養状態になることもあります。歯ブラシを口の中に入れるだけで吐き気がするのでブラッシングが難しくなります。

直接的な歯科疾患ではないですが過食症や拒食症の人で嘔吐を日常的に行っている人は、胃酸が口の中を通る関係で歯が溶けてしまいます。歯は臨界pH(pH5.7)以下になると溶け出すと言われていて、胃酸のpHは1?3とも言われていて歯を溶かす程度の酸性であると言えます。主に唇側ではなく嘔吐するkときの吐瀉物が通る舌側の歯や食道に近い臼歯部の歯が溶けます。胃酸によって溶けてしまう歯は知覚過敏を伴うことが多いです。

妊娠初期のオーラルケア方法

妊娠初期はつわりによって満足に口腔ケアを行うことができません。そんなときはオーラルケアグッズを使って清掃性や不快感を改善しましょう。オーラルケアグッズはドラッグストアで販売されているもので十分です。オーラルケアグッズを例にとってどのように使用してどのような効果があるのかご紹介します。

■マウスウォッシュ
今や歯科医院のみならず居酒屋や焼肉屋・ビジネスホテルにも置いてあります。口臭が気になる人や飲酒・焼肉など匂いの強い食べ物の後に効果が出てきます。アルコール成分が含んでいるものや含んでいないものがありますがアルコールが含まれていると口の中でピリピリとしみるような痛みを伴うことがあります。アルコールに耐性がない人は気をつけなければいけませんが、口をゆすぐだけで爽快感を得ることができるのでつわりで気持ち悪いときの気分転換に良いです。ただ、匂いつわりがひどい人にはマウスウォッシュでも辛いことがあるので様子を見ながら使用してください。

■デンタルフロス
デンタルフロスは妊娠初期の妊婦さんだけでなく一般の人でも使用してほしいオーラルケアグッズです。歯磨きで口の中のプラークは70%?60%程度しか除去できません。残りのほとんどは歯と歯の間に挟まっています。そこを清掃することができるのがデンタルフロスです。紐状の形状で、歯と歯の間に入れて歯の側面についている汚れを落とします。

■ガム
ガムは嗜好品として多くの人に親しまれていますが元々はオーラルケアの商品でした。唾液の分泌が少なくなると口の中の細菌を流す効果が少なくなるので細菌が増殖しやすい状況に拍車がかかります。人間は加齢や糖尿病などの病気が原因で唾液の分泌が低下しますが、それを解消するのがガムです。ガムは何度も噛むことで唾液が出る唾液腺を刺激して唾液の分泌を促進します。

妊娠中の歯科検診

妊娠中の歯科検診

妊娠初期のオーラルケアの方法は人それぞれですが妊娠前に比べると確実に航空衛生状況は悪くなっています。妊娠安定期には歯科を受診することができるようになるので、ぜひ歯科検診に行ってもらえればと思います。

近年の研究では妊婦さんが歯周病を発症していると胎児が低体重で生まれてくることや、早産のリスクが上がることが報告されています。

さらに出産後は育児に忙しく歯科医院へ通うことができないことも多いです。
妊娠していることの旨を歯医者さんへ伝えれば妊婦さんに配慮した治療をしてくれます。赤ちゃんのことを考えると色々な治療方法に疑問が出てくることがありますが疑問があればヨクシオファミリー歯科に質問してください。