その口臭、歯のトラブルが原因かも?

口臭は自分では気がつきにくい厄介者です。昨今では、スメルハラスメントといわれニオイが人間関係にまで影響しています。会話中に相手の口臭が気になってしまっては、話の内容どころではなくなってしまうでしょう。もしその不快な口臭が自分の口から発生しているとしたら…今すぐにでも解決しなければなりませんね。その口臭の原因は歯のトラブルにあるかもしれません!

口内の病気が原因

口内の病気が原因

口臭の原因はいくつか考えられますが、口内の病気が原因となっていることがあります。口内の病気で最も多いのは、虫歯や歯周病です。虫歯や歯周病というと歯や歯茎に関係するものなのでニオイとは関係ないのでは?と思うかもしれませんが、虫歯や歯周病によって歯茎や神経が化膿すると、膿が出てきます。その膿に菌が集まり悪臭を発生するようになるのです。
また、磨き残しによって形成された歯石にもたくさんの細菌が住みついているため、歯石も悪臭の原因となります。歯石は歯ブラシなどで簡単に落とすことは難しく、放っておいてもなくなるものではないので、除去しなければどんどん細菌が増え、比例して口臭もひどくなっていきます。

唾液の減少が原因

虫歯や歯周病になっていないのに口臭がする場合に考えられる原因は、唾液にあるかもしれません。唾液は食事をしやすくするだけでなく、口内を洗浄したり殺菌したりする働きがあります。唾液の分泌は一定ではなく、ストレスを感じたり緊張したりすると減少してしまいます。また、空腹時や寝起き時にも分泌が少なくなり、口内に菌が発生しやすい状態となります。この場合は、水分をとったり、歯磨きをして口内を意識的に潤すことが有効です。

定期検診で早期発見

定期検診で早期発見

このように歯のトラブルは、病気になっているその歯だけでなく、口臭の原因にもなってしまいます。口臭を解決するためにも、ヨクシオファミリー歯科で口内を診てもらうとよいでしょう。口臭の原因となる歯石は自分で削り取ることは困難です。専門家である歯科医師にきちんと清掃してもらいましょう。歯医者さんへは、歯が痛くなったり何か症状が起きてから行くということだけではなく、定期的に歯科検診をうけることをおすすめします。健康診断は年に1回受けている人が多いと思います。歯科検診はどうでしょうか?理想としては3ヶ月に1回受診するとよいでしょう。身だしなみを整えるのと同じように、口内もきちんと清潔にして気持ち良くコミュニケーションができるといいですね。