いつでも手軽にガムを噛んでオーラルケア!おすすめは歯科医院専売のキシリトールガム

最近、キシリトールという言葉をよく聞きようになりましたね。キシリトール配合の歯磨き粉やガムは沢山売られています。キシリトールは天然素材の甘味料です。実は、イチゴやほうれん草、レタスなどにもふくまれています。このキシリトールは甘味料とはいえ、虫歯のもとになる酸を発生させません。さらに、唾液の分泌を促す効果があるので虫歯予防につながります。キシリトールはヨーロッパの歯科医師会で推奨されているほど、歯にとても有効的な甘味料なのです。手軽にできるオーラルケアとして、食後にキシリトールガムはいかがでしょうか。

キシリトール100%のガムを!

キシリトール100%のガムを!

毎食後に歯磨きをするのは難しいから代わりにガムを噛んでいる、という方は多いかもしれません。そこで気をつけなければならないのは、キシリトールの割合です。ガムならなんでも大丈夫ということではありません!「キシリトール配合」というものなら、と安心していると逆にガムが虫歯の原因になっていた…なんてことになりかねません。市販されているキシリトールガムには、キシリトールだけでなく砂糖や水あめなど歯にとってよくない成分も含まれています。オーラルケアとして食後にガムを噛む場合は、シュガーレスのもの、歯科医院で販売されているキシリトール100%のものをおすすめします。

ガムを噛む効果

ガムを噛むことによって、唾液の分泌が促されます。唾液には、殺菌作用があるので、沢山分泌されることによって虫歯菌が活性化するのを防ぎます。また、唾液の分泌が少なくなり口内が乾いているドライマウスの状態が続くと、口臭の悪化を招くことになります。唾液の分泌を促すことは、口臭予防の効果も期待できますよ。唾液の分泌は一定ではなく、ストレスや加齢などの環境に左右されるのでガムを利用するといいですね。
また、キシリトールの甘味成分も味覚を刺激して唾液の分泌を促します。唾液には、再石灰化を促進する作用があるため、歯を修復することも期待できます。

歯磨きを忘れずに

歯磨きを忘れずに

虫歯予防には、歯磨きやヨクシオファミリー歯科での定期検診は欠かせません。また、食生活に気をつけることも重要でしょう。ガムを噛むと口の中がスッキリしますね。でも、ガムは歯磨きの代用にはなりません。同じく、キシリトールも歯に効果的な成分ではありますが、キシリトールを食べていれば歯磨きはしなくても大丈夫ということではないのです。ですから、ガムは食後の一時的なオーラルケアとして取り入れるとよいでしょう。