詰め物・被せ物でアレルギーになることも!気を付けたい症状は?

歯の治療を行う際、使用する詰め物や被せ物をどのような点で検討していますか?保険治療で行える治療や、材質にこだわった詰め物や被せ物を検討さる方もいるでしょう。しかし、人によっては詰め物や被せ物を行う際に使用する金属やレジンなどその材質によってアレルギー反応を起こす場合もあるのです。ここでは、歯の詰め物や被せ物で起こるアレルギーの症状についてヨクシオファミリー歯科がご紹介したいと思います。

銀歯は金属アレルギーを起こすことも

銀歯は金属アレルギーを起こすことも

現在、日本国内における保険治療の範囲内の詰め物や被せ物の材質と言えば、パラジウムやクロム、鉄、コバルト、マンガン、そしてニッケルや亜鉛、プラチナ、銀といったような重金属を使用しています。しかし、これらの金属が年数を追う毎に口の中に溶け出し、身体の中でアレルギー反応を起こす場合があるのです。このような症状を金属アレルギーと呼んでいます。金属アレルギーの症状としては、
●口の中に膿胞や発疹、口内炎ができる
●舌がピリピリとする感じ
●アレルギー性皮膚炎になりじんましんが出る
●関節痛が起こる
●全身の倦怠感やめまいを感じる
といった症状を引き起こします。思いあたる方がいれば、それは金属アレルギーを起こしている可能性が高いと言えます。

セラミックは金属アレルギーを起こしにくい

従来主に使用されている金属を詰め物としたり被せ物とすることで金属アレルギーを起こしてしまう方は、強く、見た目も自然な光を透過させる美しさを持つセラミックを使用して詰め物をしたり被せ物を作ることができます。セラミックの材質は、金属を一切使用していないため金属アレルギーをお持ちの方でも安心して利用することができます。また、口の中の歯肉とよく馴染むことから、被せ物の周辺にある歯肉の健康を維持することもできます。もともと金属アレルギーをお持ちの方は、治療を行う前に自身が金属アレルギーである旨を医師にきちんと伝えるようにしましょう。

治療器具に対してアレルギー反応があることも

治療器具に対してアレルギー反応があることも

歯の治療を行う際、詰め物や被せ物に使用される金属以外でも歯列矯正に使用するワイヤー、そしてインプラント治療で顎の骨に埋め込むインプラントが金属アレルギーを引き起こすこともあります。歯列矯正のワイヤーについては一般的にニッケルやクロムを含み、インプラントを埋める際はチタンが多く利用されています。通常、チタンは金属アレルギーを起こしにくいと言われている材質ですが、人によってはチタンに対してもアレルギー反応を見せる方もいるので十分注意が必要です。