気付きにくい被せ物の下の虫歯!こんな症状が出たら要注意!

永久歯が生え揃い、今後はその歯を大切に一生使用していかなければなりません。しかし、虫歯になってしまい治療を行ったことがあるという方は、少なくありません。また、一度治療をした歯については、もとの歯と比べるとどうしても虫歯が再発しやすくなります。これについては、どんな精密な治療を行おうといずれは虫歯が再発すると言えるでしょう。特に、詰め物や被せ物をしている方は、虫歯が再発する可能性が高い傾向にあります。
ここでは、気付きにくい被せ物や詰め物の下の歯に虫歯が生じた場合、どのような症状が出るのかについてヨクシオファミリー歯科がご紹介したいと思います。

治療した歯と自身の歯には隙間がある

治療した歯と自身の歯には隙間がある

虫歯治療は、歯の悪いところを削りそこを人工の詰め物を用いて埋める治療を行います。この人工の詰め物と自分自身の歯には、必ず隙間ができてしまいます。その為、毎日しっかりと歯磨きを行い口腔環境を清潔に保たなければ、その隙間から汚れが入り虫歯ができてしまうのです。結果、被せ物や詰め物でキレイに治療をしても年数が経過すると共に虫歯の再発の可能性が高くなると言えるのです。

治療材料の劣化

被せ物や詰め物は、銀歯や金歯、また、セラミックやジルコニアといった素材を使用して治療を行います。どれだけ精巧にできていても私達が生まれ持った自然の歯ではなくあくまで人工の歯となります。人工の歯は、自分で再生する能力はない上、栄養が巡ることもないことから年数が経過することによりどうしても劣化を避けることができません。

虫歯になる

虫歯になる

一度治療を行った歯の詰め物や被せ物の下から虫歯になってしまったら歯科医院で一旦その金属等を取り外し、内側に隠れた虫歯になった歯を削ります。そして、被せ物や詰め物を作り直します。被せ物や詰め物をするとその下で虫歯が進行することがあるので見た目には分からないことが多いです。その為、症状として「何となく痛みがある」「詰め物や被せ物が浮いた感じがする」という場合は、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

痛みがないことが多い

初めて虫歯になった場合は見た目にも分かることや痛みも生じやすいですが、一旦、被せ物や詰め物によって治療を行った場合は、痛みを感じないことが多いものです。なぜなら、すでに歯の神経を取り除く治療を受けており、その後、詰め物や被せ物を行っているからです。これにより、症状が目に見えて分からないことと痛みを感じないので歯科医院へ行くことが遅くなる傾向にあるのです。詰め物や被せ物をされている方は、定期的に検診を受けることをオススメします。