安全なものを選びたい!子供の歯に安心な歯磨き粉を選ぶポイント

お子さんの歯磨き粉にはどのような基準で選んでいますか?お子さんが歯磨きを嫌がらないように味に工夫された歯磨き粉や、歯を強くする成分が含まれた歯磨き粉など種類が豊富で、迷ってしまうという方も多いでしょう。歯磨き粉はお子さんのお口の中に直接入れるものですから、なるべく体に害のない成分の歯磨き粉を選びたいですよね。今回はお子さんの歯磨き粉の選び方についてヨクシオファミリー歯科が紹介します。

赤ちゃんのときには歯磨き粉は必要なし!

赤ちゃんのときには歯磨き粉は必要なし!

歯磨きをスタートするときと同時に歯磨き粉を使用する必要はありません。赤ちゃんのときは歯ブラシを使用せず、ガーゼで歯の表面についた汚れを落としてあげましょう。赤ちゃんがガーゼでも嫌がらないようになってから歯ブラシの使用をスタートしましょう。1歳半から2歳ころからうがいの練習を行い、上手にうがいができるようになったら歯磨き粉を使ってみましょう。

歯磨き粉を選ぶ時に注意したいポイント

子供用の歯磨き粉は味や見た目に工夫されたタイプが多いです。そのため、あまり身体によくないとされている成分が含まれていることがあります。例えば甘い味を出すために人工甘味料が含まれたサッカリン、色を明るくするためのタール系色素など様々あります。「炭酸Ca(研磨剤)」などと、成分と用途が書かれている歯磨き粉を使用する方が安心して使用できます。

どのような歯磨き粉を選べば良い?

どのような歯磨き粉を選べば良い?

身体に安全でなおかつ、お口の健康を保つ歯磨き粉の成分でおススメなのがフッ素とキシリトールです。子供の歯は大人の歯と違って歯の表面にあるエナメル質があまり強くありません。フッ素やキシリトールにはエナメル質を強くして、虫歯や歯周病の原因となる細菌の働きを弱める効果があります。フッ素やキシリトールを取りすぎるとあまり身体によくないとされているものの、飲み込まなければ歯磨き粉に使用しても問題はありません。

歯磨きに歯磨き粉は必要ない?

いかがでしょうか?たくさん種類のある歯磨き粉ですが、お口も身体も健康を保てるようなタイプを選んであげましょう。歯磨きを行う際、絶対に歯磨き粉を使用する必要はありません。歯磨きで重要なことは、歯の表面についた虫歯や歯周病の原因となる汚れを落とすことです。お子さんが歯磨き粉を嫌がるようでしたら、無理に歯磨き粉を使わなくても問題ありません。子供の頃の歯磨きは、歯磨きを習慣づけることも目的の一つです。お子さんが歯磨きを嫌がらず、楽しめるようにしてあげましょうね!