ブログ

DH就活フェス

image image

こんにちは、衛生士の高山です。

今日は梅田のスカイビルで行っている

DH就活フェスに来ていて、

翼翔会として出店させて頂いております!

江坂の安岡デンタルオフィスから

衛生士の高松さんと松下さん、

住道のヨクシオファミリー歯科から

廣田さんと私で頑張ってます!!

準備からとても楽しく時間が過ぎるのが

凄く早いです!!

これから衛生士の就職を考えておられる皆様

是非、翼翔会に見学に来てください!!

 

 

キシリトール、フッ素、リカルデント

puffer

こんにちは。

衛生士得津です。

この前、患者様にフッ素とキシリトールとリカルデントの違いについて質問がありました。

どれも虫歯予防の効果がありますが、一人ひとりのお口の状況や食生活、唾液、歯の質などによっても予防能力の発揮具合が異なってきます。

溶かされたミネラルやイオンがもとに戻り、歯の表面が再び修復されることを「再石灰化」というのですが、それぞれが、再石灰化に関わるのですが、どれが効果的かというよりも、それぞれ作用が異なるのです。

まず、キシリトールは天然の甘味料で、虫歯菌(ミュータンス菌)に虫歯の原因となる酸を作らせません。

そして、キシリトールを食べつづけると、虫歯菌は栄養摂取できないため、弱っていき、お口の中のネバネバが減って、歯垢が付きにくくなります。

当院で販売している100%のキシリトールガムは、噛むことで唾液がたくさん分泌されるので、再石灰化促進の効果も期待できます。

 

 フッ素は、歯を強くして酸によって歯が溶かされにくくする効果があります。 フッ素塗布することで、歯の質が弱く虫歯になりやすいお子さんの歯を酸から守ってくれます。

フッ素は唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンとともに歯に再沈着し、脱灰部分の再石灰化を促進します。

フッ素はあくまで、カルシウムとリンの運び屋さんであって、歯の原料のカルシウムとリンがあって効果を発揮します。

 

リカルデントは、牛乳たんぱくの一種、カゼインから作られています。

ですので、乳製品のアレルギーのある方は使用できません。

リカルデントには、脱灰を抑えるだけでなく、牛乳由来なのでカルシウムなどのミネラルがより歯に取り込まれやすい特徴があります。

酸によって溶かされてしまった歯の表面に、唾液中のカルシウムを取り戻しやすくする働きがあり、そして酸に対する抵抗力耐酸性を高める効果もあるので、カルシウムやリン酸イオンを常に補うことができます。結果、歯の再石灰化を促進させる働きがあります。

解けてしまった歯を修復するお手伝いをするのがリカルデントです。

 

それぞれが、役割をもっていて患者様にはどれがあうのか、一度ご質問ください。

 

 

喫煙

image

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちわ。

笑顔No. 1歯科助手 友附です。

みなさんこの画像をご覧ください。
一見すると,一人は若々しい女性,もう一人は年配の女性に見えます。
しかし,この2人は40歳前半の双子の姉妹なのです。
なぜ、これだけ差が出たのでしょうか?
これは20年におよぶ喫煙習慣が原因とされています。
一般に,タバコの煙には一酸化炭素が含まれますが、この濃度は自動車の排気ガスに等しく、一酸化炭素は,血液中のヘモグロビンと結合し、その能力は二酸化炭素の約240倍です。
よって体の表面では,常に酸素不足の状態となり、これが早期に老化現象を引き起こす原因となるのです。

喫煙は歯周病や全身疾患にも大きくかかわってきます。

患者様もタバコは体に悪いと分かっていながらも辞められない

方も多いので、治療が終わってメンテナンスに入るまでに、禁煙できましたと

いうお声が聞けたら大変嬉しく思います!

 

 

 

 

 

歯磨き粉

皆さまこんにちは。

衛生士 得津です。

 

皆さまは歯磨き粉、お使いですか?

私は正直、歯磨き粉はつけてもつけなくてもいいとおもっています。

 

でも、やはりフッ素が入っているのは、歯の再石灰化にとても効果があり、歯磨き粉に含まれる、薬用成分を効果的に利用することでむし歯や歯周病の予防をすることが可能になります。

 

ですので、水だけできれいに磨いたあと、仕上げ磨きとして、歯磨き粉をつけてみがいてみるのはどうでしょう。

 

歯磨き粉の薬用成分としては、

☆歯垢の除去&付着を防ぐ

☆歯質の強化、むし歯の発生と進行を防ぐ

☆むし歯の発生を防ぐ

☆むし歯・歯肉炎・口臭を防ぐ

☆歯肉炎・歯周病・出血を防ぐ

☆歯肉炎・歯周病・口臭を防ぐ

☆知覚過敏を防ぐ

☆タバコのヤニを除去する

☆歯石の沈着を防ぐ

等を目的とした成分がありますが、自分の口腔内にあった歯磨き粉を選ぶのが一番です。

 

そして発泡剤の少ない。または入っていないものを選びましょう。

なぜなら軽くブラッシングしただけでも泡が立つので、それだけでしっかり磨けたと錯覚してしまう人が多いのです。

 

う蝕原因菌の発育防止

歯質の強化

再石灰化の促進

プラークの抑制に適しているのがホームジェル。

 

ムシ歯の発生および進行

歯周炎(歯槽膿漏)

歯肉炎の予防、

口臭の防止に適しているのがコンクールジェルコートです。

 

どんないい歯磨き粉を使ったとしても、きちんと磨けてないかたはその効果を発揮することはできないので、歯ブラシの仕方も気を付けましょう。

070312-e1431313606325

親知らずの痛みは突然?!

親知らずは突然痛みだす!?

親知らずの怖いところは、急に痛みだすという点です。特に、夕方から夜にかけて痛み始めることが多く、その時間帯にはもう歯医者さんも閉まっていますよね。そういったケースでは、とりあえず応急処置をする必要が出てきます。親知らずの痛みほど辛いものはないですから、予めその対処法について、詳しく知っておきましょう。

親知らずの痛みを鎮痛薬で対処する!

突然、親知らずが痛みだしたら、まず鎮痛薬を服用してみましょう。鎮痛薬は、ドラッグストアや薬局などで手に入ります。代表的なものには、バファリンやロキソニンなどがあります。これらの鎮痛薬は風邪や生理痛などにも使用されますので、常に薬箱に置いておいても良いかもしれませんね。あるいは、常備しているお宅も多いことでしょう。ですから、親知らずが痛み始めたら、薬によって鎮痛させることを第一に考えておいてください。

歯茎を冷やして痛みを抑える!

親知らずが痛んでいる場合は、そこで炎症が起こっていることがほとんどです。炎症というのは、もともと体を守るための反応ですので、悪いものではありません。けれども、炎症反応が生じると、同時に痛みを伴うことも多いです。その痛みがあまりに強すぎると、何も手がつかなくなりますよね。ですから、痛みを軽くするためにも、炎症反応自体を少し抑える必要が出てきます。その際に有効なのが、患部を冷やすということです。腫れている部分を冷やすと、痛みが和らいでいきますよね。これは、歯茎の場合も同じです。ただ、親知らずで痛みが生じている部分を、氷などで直接冷やすのはやめましょう。氷で直接冷やすのは刺激が強すぎます。ですので、親知らずは冷えたタオルなどをあてることで冷やしましょう。

ツボを押して親知らずの痛みを抑える!?

その他、親知らずが急に痛み出した時の応急処置としては、鎮痛のツボを押すというものがあります。「親知らずの痛みを抑えるのにツボ?」と不安になるかもしれませんが、意外に有効なのです。具体的には、手の親指と人差し指の付け根の間に存在している、合谷(ごうこく)というツボを押しましょう。それから、中指と薬指の間にも歯痛点とうツボが存在しています。鎮痛薬などがなく、とりあえず親知らずの痛みを抑えたい時には、こうしたツボを押すことをお勧めします。

 

 

親知らず痛むまえに是非1度レントゲン写真を

とって確認してみてくださいね!

 

 

歯科助手 大槻

歯周病が引き起こす大きなリスク

 

皆様こんにちわ、衛生士の高山です。

皆様は歯周病が引き起こす2つの大きなリスクを

ご存知ですか?

日本人の80%が感染している歯周病。
口腔細菌感染症の代表である「歯周病

(歯槽膿漏)」は日本人が歯を失う理由として

最も確率が高い病気です。

この歯周病を引き起こすリスクを知ることが、

実は健康な生活を送る上での必須条件で

あるとも言えます。

歯周病のリスク、それは、

①歯を支える土台となる歯茎の骨を溶かす

→結果的に、歯が抜ける

②心臓病、糖尿病、誤嚥性肺炎、血管障害、

早産など死に直結するような全身疾患を

引き起こす

の2つです。

歯周病は「食べる」という人間の生命に関わる

活動を困難にし、且つ、死に直結する病気を

引き起こす、まさに「死の病気」と

言われている恐ろしい病気なのです。

なので皆様もヨクシオファミリー歯科で

歯周病予防をしっかり行いましょう。

image

ナイトガード

こんにちわ。衛生士の古崎です。

皆さま、ナイトガードってご存知ですか?
夜寝る時に歯に嵌める、マウスピースみたいなやつです。

お口の三大疾患っていうのがあって、1つは虫歯、もう1つは歯周病、そしてもう1つは、噛み合わせの異常です。

歯ぎしり、食いしばりなどを総称しているものですが、人間、起きているときは意識があるから気付きますが、寝ている時は無意識なので、こういう症状に気づかずにいる人が多いんです。

歯に継続的に強い力がかかったり、揺さぶられるような力がかかることで、歯が折れやすくなったり、また、歯周ポケットの中で生きる細菌(歯周病菌)が、さらに奥へと入りこむため、歯周病が悪化する原因にもなります。

さらに、顎の筋肉を使い続けることによって、肩の周りや、脳への血の巡りが悪くなって、頭痛や肩こりの原因にもなります。

よく噛む…というのは、唾液分泌の面からすれば良いことですか、度を過ぎれば、歯の寿命を減らすことにもつながります。

それを阻止するものが、ナイトガードと呼ばれるマウスピースです。
これをつけることによって、歯ぎしりや食いしばりを起こしても、歯に負担がかからない状態にすることができます。

歯を長持ちさせるため、肩こりを解消するためにも、作ってみませんか?
いつでも、スタッフに声かけてくださいね。