ブログ

ナンバーワン

みなさんこんにちは!
受付助手の川口です!★

今年も残すところあと2カ月ですね!
年末の予定はもうたてましたか?

今日はある患者様のお話をしたいと思います!
私達スタッフには
それぞれにナンバーワンがあります!
わたしはポジティブNO1なんですが
その患者様はスタッフのNO1を
覚えて下さっていて
自分にもNO1が欲しいとの提案がありました!
みんなで考えて考え抜いて
その方には【存在感NO1】を
つけさせていただきました!

すると次の診療日に
アフロのカツラをつけて来院されたのです!

さすが存在感NO1です★

私もあらためて
自分のナンバーワンを見つめ直す
いい機会になりました!★
ありがとうございました!★

11月になったら
また新しいイベントも始まります!
みなさんが少しでも健康になれるように
スタッフ全員でサポートできたらと思います!

風邪による歯痛

こんにちは、受付江藤です(・∀・)

もうインフルエンザが流行しているそうです…!!
今年人生で初めてインフルエンザになってしまったので
そろそろ予防接種にいこうと思います(*_*)

風邪をひいたときや、風邪が治った後、歯が痛くなった経験がある方もいるのではないでしょうか?
虫歯かなと思って歯医者に行ったら、何もせずに薬だけ出て、終わってしまうことがあります。
しかし、実は風邪をひくと歯が痛くなる原因があるのです。
特に風邪をひくと上の奥歯が痛くなるのです。
上の奥歯の根は鼻につながっている副鼻腔(ふくびくう)という空洞に接しています。

★風邪により歯痛の症状の特徴★

①痛みは 2、3日で落ち着くことが多い
②一本の歯ではなく全体的に痛いことが多い
③歯が浮いている感じになることもある

風邪をひいて歯痛が起こったとき、歯医者に行っても何もされなかったり、痛み止めや抗生物質だけを出されたときは正しい判断だと思ってください(^^)
経過をみることはとても大切なことなのです。
原因もわからず歯を削ったり、抜いたりする方が危険な行為なので
なにかありましたらご相談下さいね*

 

image

歯磨きで予防。

こんにちは。

衛生士得津です。

以前、お子さまが体調を崩したときも歯ブラシはしましょう。とおつたえしましたが、その後友人に「みんなしてないってゆってたよ。」と教えてもらい、「みんな、そうなのかな。逆にうちのコにきびしすぎなのかな?」っと不安になり、何人かの他の友人にも聞いてみました。

統計の結果、皆さま、してません。

しましょう。

子どもが食欲のないときはとにかく少しでも水分をと思ってママたちはイオン水や、ポカリスエットをあげ、口当たりのよいデザートを食べさせたり必死ですよね。

私もそうです。

しかし、病気中でも歯磨きは是非やってほしいものです。

40度位の熱でゼーゼーいっているときにやれとは言いませんが、ちょっと機嫌の回復した時にササッと短時間で磨いてあげてください。

というのも発熱中は口を開けて寝ていることや、口呼吸、脱水による口渇もあり、虫歯になるリスクが上がります。

発熱しても、滅菌はされません。(友人に言われました。)

それに加えてイオン水、ゼリーなどの甘いものの接種で細菌の活動も活発になるので歯にとってはかなり危険な状態になります。

ですからときどきそっと歯磨きしてあげてください。歯は歯垢でべっとりした状態だと思います。

すっきりした状態で回復してほしいものですね。

 

そして、そろそろくるインフルエンザですが、予防をするのにも、歯磨きも良い方法です。

そんな私も去年、子どもからいただきました。

インフルエンザウィルス。

 

ウイルスが口の中に侵入しないように、たんぱく質の膜が、粘膜をガードしています。

歯磨きをすると、清潔な状態になるので、この膜も守られます。

粘膜にウイルスが入り込むのを、予防することができるのです。

予防なので、絶対ならないと言うわけではありませんが、するにこしたことはないとおもいます。

予防も歯磨き!

発症しても歯磨きです(笑)!

お口から健康になりましょう。

puffer

食事会

 

 

こんばんわ、高山です。

今日は診療終わりに月に一度の食事会でした!

本当は月に一度なのですが、最近は

イベントなどが重なって2ヶ月ぶりの食事会だったのです

理事長、院長、事務の重田さん、スタッフの皆で

ご飯を食べながらゲームをしたり凄く楽しい時間を

過ごしました!

罰ゲームでは院長の小川先生が今流行りのピコ太郎を

踊ったり…(笑)

ゲームのあとはこの2ヶ月の間にお誕生日を迎えた

3名のスタッフのお祝いをしました!

受付の江藤さん、助手の大槻さん、事務の重田さん

おめでとうございます!!

楽しい時間はあっという間に過ぎ

お開きになりました。

また来月の食事会も凄く楽しみです!

img_8433

 

 

 

 

 

 

 

img_8434

 

歯の間の清掃を習慣化へ ~デンタルフロス~

こんにちは、歯科衛生士の岩井です。

 

週末は、いかがお過ごしでしたか?

 

私は、3日間、地域の秋祭りで、子供たちと一緒に、  だんじり  をひいていました。

 

沢山歩いたので、足が筋肉痛様に痛いです。

 

img_0018img_0048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常で、しっかり歩いていれば翌日の怠惰感も緩和できていたのでは、ないでしょうか。 

 

習慣が、とても大事なんだと思います。

 

  さて、みなさん。お口の中は日常に歯磨きをされていると思います。

 

歯ブラシを使って、歯を磨くことは毎日されていても、歯の間の清掃はどうでしょうか。

 

以前にもお話させていただいたと思いますが、歯の間の清掃とは、

 

歯の隙間の食べかすを取り除くことではありません。

 

歯と歯の隙間に、清掃道具を入れる

 

そして、歯の根元付近を磨く作業を言います。

 

歯ブラシと違って、細かい作業になります。

 

時間も少しかかることでしょう。

 

(歯ブラシだけの清掃になってませんか。)

 

 

しっかり磨けても歯ブラシだけでは、お口全体の  6割  しか、歯垢(細菌の塊)が取り除けないのです。

 

歯の歯垢は、フロスなどを使って、やっと8割の歯垢が取れるのです。

 

 

画像

画像

 

歯垢が取り残されたままだと、虫歯や歯周病リスクの危険が高いことが多いです。

 

そのほかにも、細い血管を通って、全身疾患に繋がると言われています。

 

毎日の習慣になっているお口の清掃の時間に、いつもより少しゆとりをもって下さい。

 

そうすれば、きっと、歯の間の清掃をすることができます。

 

  みなさんが、日常的に習慣化できるように使いかたなどをアドバイスさせてください。

 

ぜひ、お気軽にお尋ねくだせい。お待ちしております。

 

 

 

よく噛むことで…

こんにちは、受付江藤です(・∀・)
だいぶ秋めいてきましたね!!
みなさん秋といえば何を思い出すのでしょうか?
当院のスタッフは完全に
”食欲の秋”ですね( ̄∀ ̄)

美味しいものが多い季節…
美味しいもの食べ過ぎて太ってしまった経験ありませんか?
運動や体質改善難しいですよね、、
まずは噛むことから始めてみませんか?

よく噛むことで…

★肥満を防ぐ
よく噛むと脳にある満腹中枢が働いて、満腹を感じます。
よく噛まずに早く食べると、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい、その結果太ります。
よく噛むことこそダイエットの基本です

★味覚の発達
よく噛むと、食べもの本来の味がわかります。
人は濃い味にはすぐに慣れてしまいます。
できるだけ薄味にし、よく噛んで食材そのものの持ち味を味わうよう、心がけましょう。

★脳の発達
よく噛む運動は脳細胞の動きを活発化します。
あごを開けたり閉じたりすることで、 脳に酸素と栄養を送り、活性化するのです。
この唾液の働きが虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻し、細菌感染を防いだり
虫歯や歯周病を防ぐのです。

唾液の働きは人それぞれです。
当院では唾液検査を行っております!
興味のある方是非お声掛けください★

image

 

当ブログ

こんにちわ。衛生士の古崎です。
当院では、歯周病治療の必要性について患者様と最初にお話をするとき【歯周病っていう病気や名前をご存知ですか?】と、お尋ねするようにしています。

今は、歯科医院だけでなく、テレビや本などでも情報が得れる時代なので、すでにご存知の方も、かなり多いですが、こちら側の意見をただ伝えるだけではなく、患者さまが持たれている情報とうまくリンクさせながら話を進め、充分に納得していただいてから治療したいと思って日々、治療にあたっております。

最近、患者様から【ブログ読んで歯周病のことを知ったよ!】と、当院のホームページにあるブログを読んだと仰ってくださる方が何人もいて、こうして書いているブログが、たくさんの患者さまに触れている事を実感して、とても嬉しかったです。

医院の新しい情報や、イベント、また様々な知識を、スタッフ交代制で更新していますので、今後もアクセス宜しくお願いします♡

感染源…。

みなさまこんにちは。

衛生士得津です。

みなさま、むし歯も歯周病も家族、他人から感染する感染症なのはごぞんじでしょうか?

むし歯と歯周病は、どちらも細菌による感染症です。その感染経路は唾液の為、コップの回し飲み、箸、食器などを共有することなどの唾液を介するもので、日常生活を共にする家族から感染するケースが多いです。

しかし、この間、お友だちに相談を受けました。

お子さまが飲んでる水筒をお子さまの友達が飲んだりするそうです。

いくら家族が気にしていても、お子さま同士でもあるようですね。

一度入った菌はハミガキでは死にません。

だからこそいれないことが重要です。

とくに体調をくずしているときほど感染しやすいので、体調を整えるのも大切です。

 

赤ちゃんは無菌の状態で産まれてきます。

特に親子間の場合、食器を共有しないことが予防法の一つとなります。

自分が使ったスプーンで子供に食べさせない。

また使わせないようにする。

食べ物のあつさを確認する時に自分の口の中に入れたものを子供に食べさせない。

また自分が噛んだ物を子供が食べないようにする。

あかちゃん、幼児の頃は、ついうっかりということもあるかもしれません。

しかし、1歳6カ月前後が最も感染しやすい時期と言われており、その頃の時期のちょっとした心掛けが、将来の子供の口腔内に大きな影響を及ぼすかもしれません。

 

正しい知識があれば予防することもでき、たとえ発症しても最善の治療によって歯周病の進行を食い止め、遅らせることができます。

 

気になるかたは一度ご相談におこしください。

お待ちしております。

p3_ill03

お知らせ

こんにちは、受付江藤です(・∀・)

もう10月に入りました!
はやいですね、、(*_*)(*_*)

今月のお知らせです。

10/15(土) 、29(土)
院長不在のため休診となります。

振替で
10/3(月)、23(日)、31日(月)
通常通り診療しておまります。

10/19(水)
会議のため午後からの診療となります。

image

 

ご確認よろしくお願い致します。