ブログ

はじめての歯ブラシ。

皆さま、こんにちは。
歯科衛生士得津です。

今日赤ちゃんの初めての歯磨きをどうしたらいいのか、どうやったら歯磨きに慣れてくれるのか、という質問をうけました。
初めてのことなので、迷ってしまいますよね。

歯磨きに慣れてもらうには、まず、赤ちゃんにお口を掃除する気持ちよさを覚えてもらうことが大切です。無理に歯磨きをさせてしまうと嫌になってしまうので、楽しい雰囲気で歯磨きを始めましょう。
赤ちゃんの成長に合わせて、徐々に歯磨きに慣れていけばいいとおもいます。

歯が生える前から歯磨きに慣れるために、お口をきれいにする習慣を身につけましょう。
おっぱいやミルクの後にガーゼをママの小指に巻いて、やさしく口の中をぬぐってあげましょう。
普段から、赤ちゃんの歯茎や唇を指で触れることで、赤ちゃんはその感触に慣れ、歯ブラシへの怖さを無くしていきます。

最初の1本から赤ちゃん用の歯ブラシで磨いてあげるのが理想ですが、慣れないうちは、乳歯が生えてきてもガーゼやめん棒で、ぬぐうだけで十分です。
赤ちゃんが眠っている間は唾液が少なく、虫歯菌が活動的になるので、夜眠る前やお昼寝前は忘れずケアして下さい。

1歳前後には、上下の歯が生えてきます。
この頃から歯ブラシの感触も慣れてもらえるようにしていきましょう。
親子で歯ブラシに慣れて、寝る前に1本ずつ磨けるようになっているのが良いです。
赤ちゃんが喜ぶようなら、子供用のフッ素入りの歯磨き剤をほんの少し使って歯磨きをするもの良いでしょう。
フッ素はとればとるほどいいというものではないので、500ppm程度の濃度をほんの少しから始めましょう。

親子教室でもこういうお話もしています。
気になる方は詳しくはスタッフまでお尋ねください。
前回の親子教室の質問集を当ホームページに掲載していますので、是非ご覧ください。

お口の中を改善しましょう!

皆さまこんにちは。
歯科衛生士得津です。
この間、テレビで歯の病気の特集が放映されていました。
その中では、歯ブラシが不十分なことによる磨きのこし、それからくる口臭、ドライマウスによる口内炎についてふれられていました。
これらすべて唾液が関連しています。

唾液は
虫歯を防ぐ
生えてきた歯の表面を硬くする
歯や骨の石灰化を促進する
でんぷん質を分解する
噛みやすく、飲み込みやすくする
口の中のphを一定に保つ
口の中の粘膜保護
体内の水分量の調節
口の中を洗い流して清潔にする
苦味、辛味を薄くする
口の中の余分なものの排泄
食べた物をおいしく感じさせる
殺菌・抗菌作用
唾液は虫歯だけではなく、これほどの働きをしています。

唾液はよく噛めば噛むほどたくさん分泌されます。
ですから、虫歯であまり噛むことができない、歯茎が痛くて噛めないという状態は、益々虫歯を作ってしまう悪循環になります。
きちんと治療をすることでこれは改善できます。

また、鎮痛剤や利尿剤、血圧降下剤や向精神薬などを服用していると、唾液の量も減ってしまいます。
お腹を壊していたり、発熱していたり、大量に汗をかいたときなども唾液の量は減少します。

唾液が少なくなる(ドライマウスになる)と、様々な弊害が出てきます。
唾液で汚れを流すことができなくなるので、虫歯になりやすくなります。
歯周病にもかかりやすくなります。
唾液が少なくなることで口の中が乾き気味になり、粘膜が赤くなってしまい、傷つき口内炎になる場合もあります。
ヒリヒリするので歯磨きができなくなり、そんなことから口の中のケアができずに、更に虫歯にも、歯周病にもなりやすいという悪循環を生んでしまいます。

唾液は唾液腺から分泌されます。
この唾液腺をマッサージすることで、唾液腺が刺激をうけ、唾液が出る手助けにもなります。
食事のときに良く噛んで食べるのも、すごくいいことです。
一口30回以上噛むのが理想ですが、慣れないうちは食べることが辛いかもしれません。
最初はゆっくりと噛んで食べる習慣から始めましょう。
おこさまの場合は、柔らかいものだとすぐに飲み込んでしまいますので、ある程度歯ごたえのある、硬いものを食べさせるようにしましょう。
唾液をたくさん出すということは歯の健康にもつながり、結果的には体の健康にもつながります。

口内炎ができやすい、口が臭い、そういった症状のある方は一度、当院におこしください。
唾液が出ているか、診断できる検査もご用意しております。
お待ちしております。

キシリトール


こんにちわ、歯科助手の友附です。

現在ハロウィンキャンペーンを行なっていますが、キシリトールのガム、タブレットが好評でたくさんの方々にお求めいただいております!

少しでも虫歯のリスクが減っていただけると私たちも嬉しいです!

先日、キシリトールのタブレットを食べてお腹を下された患者様がおられました。

商品の注意書きにも
「一度にたくさん食べると、お腹がゆるくなることがあります」
と書かれています。

キシリトールは消化されにくい為、大腸まで吸収されることなく届いてしまいます。
移動しながらたくさんの水分を引きつけていくという特徴があります。大腸で分解される際、もってきた水分を一気に解放するため、腸の内容物が膨張するなどして腸を刺激し、下痢を引き起こすことがあります。

1日の目安が20〜30gといわれますが、
普通に食べる分には問題はございません。

人によっては2〜3粒食べて下す方もいらっしゃるのであくまでも個人差はあります。

ハロウィンイベント開催中♪

DSC_1275

皆様こんにちは。
歯科衛生士得津です。
今週からハロウィンイベントが始まりました。

キシリトールガム3種
(アップルミント*クリアミント*マスカット)
キシリトールタブレット3種
(クリアミント*オレンジ*グレープ(しまじろう))
が、組み合わせ自由で、通常3コセットで780円のところ、3コセットで600円!というキャンペーンをおこなっております。
そして、仮装してお写真とってくださったお子さまには歯にいいお菓子をご用意しております。
少しですが、仮装グッズもおいてあります。

ぜひ、この機会にキシリトール生活始めてみませんか?
お待ちしております。

ハロウィンキャンペーン🎃👻

こんにちは!衛生士のヒロタです。
もうすぐハロウィン👻🎃🍬ですね!!

みなさんお菓子を食べた後はしっかり歯を磨いて
虫歯にならないように注意してください(^^)

医院もハロウィン仕様になっています♩

来週から、、、


こんにちわ、歯科助手の友附です。

10月10日〜31日まで院内でハロウィンイベントを行います!
日ごろの感謝を込めて、そして患者様の口腔内をもっと良くしたいという気持ちを込めて
キシリトールガム&キシリトールタブレットをお得な価格でお求めいただけます!!

院内にもポップを掲示しておりますので、気になる方は遠慮なくスタッフにお申し付けください。

10月のお知らせ

こんばんわ(^^)
最近肌寒いですが皆さん体調は崩していないですか?
もう10月ですね!!
秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読者の秋と様々ありますが私は完全に食に走っています笑
この間のお休みは神戸で食べ歩きをして、今月は名古屋で食べ歩きと万博で開かれるまんパクに行く予定です★
皆さんはどこか行かれますか?
今の季節はいろんな所がハロウィン仕様で可愛いですよね★
院内もハロウィンの飾りつけをしています♪

10月のお知らせです。
お間違いのないようお願いします。
受付 新居

親子教室受付中

DSC_1205

こんにちは。
衛生士得津です。
大東市の某施設でとりおこなわさせていただいている、親子教室を当院でも積極的に行うことにしました。
キッズルームで、少人数での実施になりますが、受付しております。
気になるかたはぜひお気軽に、スタッフにお声がけください。