ブログ

コンクールF Q&A①

 

こんにちわ、高山です。

今日はコンクールFについてです!

まず、洗口液の目的はなにかご存知でしょうか?

口腔内をスッキリさせるため?口臭予防?

どれも正解です!しかし、汚れを取るためでは

ありません。一番の目的は予防です。

洗口液は、バイオフィルムを破壊することは

ありません。有効成分が口腔内にとどまることで

プラークが付着することを抑える効果と、

歯肉炎を予防する効果が得られます。

プラークコントロール(プラークが15%以上)が

出来ていない口腔状態では、洗口液本来の効果が

得られません。

コンクールFには殺菌成分グルコン酸クロルヘキシジン

が0.05%配合されています。

歯面や粘膜に結合し、長時間の殺菌効果を

発揮します。唾液中の細菌増殖を最大12時間まで

抑制したとする報告もあります。

就寝前の使用に高い予防効果が

期待できます!

コンクールFにはまだまだたくさんの

効果や効能があります。

またコンクールFのことをアップさせて

いただきますね!!!

 

 

MIペースト

こんばんわ。受付の新居です。
最近、紫外線が気になり日焼け止めを塗ったり
日傘をさしている方も多いのではないでしょうか?
お顔には日焼け止めをぬったり
フェイスパックや美容液…
髪の毛も日焼けをするのでトリートメント等ケアは大変ですよね。

歯にもトリートメントパックがある事はご存知でしょうか?

歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々繰り返されています。

ところが、このメカニズムのバランスが崩れて脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまいます。

そこでオススメなのがMIペーストです!!
MI(エムアイ)ペーストは、歯の質を強くするミネラルパックです。
使い方はとても簡単です(^ ^)
歯磨きをした後に、歯ブラシか指か綿棒で歯全体に塗ります。
そのまま3分待ちます。
3分経ったら唾液を唾液を吐き出し
今度はゆすがず30分パックします。
30分後、軽くゆすいで終わりです。

フレーバーは5種類あり
ストロベリー
チョコ
ミント
バニラ
ヨーグルト
メロン

通常価格1550円が今だけ1000円です。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねくださいね♩♬ 

口腔内細菌

 

 

 

 

 

 

こんにちは、歯科助手の友附です。

人のお口の中には300種類以上の口腔内常在菌がいます。

常在菌の中でも善玉菌、悪玉菌がいますが

悪玉菌として虫歯菌や歯周病菌がいます。

虫歯菌は食べ物に含まれる糖を餌にして酸を作り出しプラークとなって歯にへばりつきます。

歯周病は空気が嫌いな菌なので、空気に触れさせると死滅します。

歯周病は歯と歯茎の間の歯周ポケットにどんどん潜り込んでいきます。

そして血管を通って全身に行き渡ると全身疾患の要因になります。

当院では口腔内の細菌を見る事ができる位相差顕微鏡があるので初診時に皆さまにご覧いただいております。

ご自身の健康を保つためにもまずは口腔内をキレイにしましょう!

こまめな水分補給をしていきましょう!

こんにちは!歯科助手の松元です。
気温が暖かくなり、これから暑い夏やってきますね!暑くなるこの季節に気を付けて欲しいのが脱水症です!
喉が渇いていなくても実は気づかない水分不足にお気をつけください。
体から出ていく水分は運動しているときは勿論、していない時も喉が渇いていなくても普段生活している中で汗や呼吸等によって体から水分は出ていってしまいます!
体の水分量が体重から約2%の減少率で喉が渇くという自覚症状が現れます。更に3%の減少率になると食欲不振が起こり、5%では頭痛・めまい等徐々に症状は重くなっていきます。そして10%減少時には意識障害から進行して死に至ることになる危険を持っています。
自分ではなかなか気づきにくいという方も多い為、水分補給はこまめに行うようにしてくださいね!
しかし、水分補給をするといってもただ大量の水を飲むだけでは逆効果になる恐れがあります。
私たちの体から水分が出る時、一緒に塩分も排出されます。例えば汗がそうですよね!
水分と塩分が一緒に出ているのに水分だけを補給してしまうとかえって体の中のバランスを崩してしまう要因となってしまいます。
そのため、これからの汗をかく時期の水分補給は、水と塩分を一緒に摂る必要があります。
ここで、簡単に作れる水分補給用の水の作り方をご紹介します。
~作り方~
・水 1L
・砂糖 大さじ4と1/2杯
・塩 小さじ1/2杯
・レモン汁 大さじ3杯
上の材料を混ぜるだけで簡単に効率良く水分補給ができる飲み物が出来ますよ!レモン汁はカリウム等その他ミネラルの補給も出来、また風味も良くなるので入れることをオススメします♪ 

ビールとプリン体

みなさんこんにちは!

歯科助手の三浦です!

健康診断の季節かと思われますが、みなさん、“尿酸値”の項目を気にされた事はありますか?

尿酸値が高い一番の原因としては、肥満が挙げられます。

食事の観点からはプリン体を含む食品を多量に摂取する事で上がると言われていますが、

特にビールにはプリン体がとても多く含まれていて、よくない!そんなイメージはありませんか?

実はビールは重量あたりからするとそれほどプリン体の多い食品ではないようです。

ではどういった食品にプリン体が多く含まれているのかというと、 

かなり多いとされる食品では、あじの干物、牛、ブタ、レバー、煮干し、鰹節、

多いとされる食品では、大豆、スルメイカ、かつお、たら、牛・豚の腎臓、牛の腎臓があります。

(もちろん、ビールにもプリン体は含まれていますが、上記の食品よりもかなり微量です。)

ビールの落とし穴はついつい飲みすぎてしまうことで、エネルギーの取りすぎに繋がってしまう事、アルコール過剰になってしまう事なんですね。注意するべき点として、アルコール自体に尿酸値を上げる作用があるので、たとえビールにプリン体ゼロ!というような表記があるからといって、飲みすぎは良くありません。

このとうり、ビールとプリン体は強く結びつきがちですが、プリン体を含む食品はビールだけではありません。

  • 普段ビールを飲んでいないのに健康診断で尿酸値が高いと指摘された方、いまいちど食事を見直してみてくださいね。

歯ぎしりについて


こんばんは!

歯科衛生士の森です。

 

今日は、歯ぎしりについてお話します!

実は歯ぎしりは種類があるのは

ご存知でしょうか?

 

①グライディング

顎を大きくスライドさせることで起きるグライディングは歯を大きく削ってしまいます。中でも臼歯部は、一番噛む力が強いところなので噛む面が真っ平らになってしまうほどです。グライディングをするとギーギーという音がします。そして強く噛みしめているので噛むときに使われる咀嚼筋へも負担が大きくなります。

歯同士が磨り減ることで歯の神経が露出するので知覚過敏症のような冷水への刺激、グミなど甘みに対する痛みを感じることもあります。

 

 

②タッピング

タッピングとはカチカチカチと歯を小刻みに噛み合わせることです。グライディングに比べれば歯の削れる量は少量ですが音が気になるという人がいます。同部屋で寝ている人はカチカチという音が気になってしまうので、そういった人からの指摘で気づくことが多いです。また、歯ぎしりは無意識下で起きるのが一般的ですがタッピングは意識がある日中にも起きることがあります。いわゆる、チック症の患者さんが目をパチパチと過剰に瞬きするのと同じで、カチカチしないと落ち着かない症状もあります。これはある種、癖になっている状態でタッピングしないように意識すれば大幅に改善できます。

 

③クレンチング

歯ぎしりの中でも一番気づかれにくく、治療も遅れてしまうのがクレンチングです。クレンチングはいわゆる食いしばりの状態で、音も少なく歯も削れにくいので発見が遅れてしまいます。

 

歯ぎしりはストレスや喫煙などさまざまな要因が重なって起きるものです。

 

ナイトガードをして少しでも歯のすり減りを減らす事はできますが、対処療法ですので根本的には治りません。

 

1度気になる方はご相談ください!

5月のお知らせ

 

こんばんわ。受付の新居です。
GWも終わり受付で皆さんのGW中の出来事や
4月から進学されたり新しい生活が始まった方の
お話しを聞けたりして毎日楽しく診療しております(^ ^)

最近学校の歯科検診でひかかってしまった方からの問い合わせが増えてきています。
虫歯が見つかってしまったら早期治療が大切です。
学校等から頂いた用紙をお持ちになり
お越しくださいね。

5月のお知らせです。
28日 矯正日のため診療
29日 振り替えのため休診
30日 会議のため休診

お間違えのないようお願いします。

 

5月からは紫外線対策を!

こんにちは!歯科助手の松元です。
GWが終わって5月からは紫外線が強い季節になりました。皆さん紫外線対策はしていますか?
シミ、シワの原因となる紫外線はマイナスイメージが強いですが、実は紫外線には骨を丈夫にしてくれる効果もあるんですよ!
紫外線に当たると私たちの体は「ビタミンD」を作ります。このビタミンDは骨を作るのに必要なカルシウムの吸収を助けてくれます。晴れた日に歩くことで丈夫な骨作りが出来るのです♪
だけど、丈夫な骨を作ってシミも作る…なんてことはしたくないですよね!
シミ予防の為にしっかり日焼け止めを塗ってお出掛けしてくださいね♪
日焼け止めを塗ると、塗ったところはビタミンDを作る邪魔をしてしまいますが、手のひらの日焼け止めを落として外出することでビタミンDを作りながらシミ予防をすることが出来るのです!
手のひらにはシミの原因「メラニン」を作る「メラノサイト」という細胞が少ない為、日焼け止めを塗らなくてもシミになる心配はありません♪
また、この時期に旬を迎えているイチゴ、さやえんどう、ルッコラには、肌のハリや弾力に関わるコラーゲンを作ったり、メラニン生成を抑制する働きがある「ビタミンC」が豊富に含まれています!
これから紫外線が強い季節が続きますが、しっかりと対策をして楽しくお出掛けしてくださいね♪