子どもの歯の矯正

子どもの歯並び

小児矯正

小児矯正

小児歯科における矯正治療は歯並びを整えて見た目を良くすることにより、「噛むこと」=「食べること」・「発音」=「話すこと」の基礎作りです。その結果として、むし歯・歯周病の予防にもつながる特徴を持っています。
年齢制限はありませんが、早めの対応が良い結果をもたらします。

治療開始の目安は?

治療開始の目安

子どもの矯正は、あごの骨が成長する6歳~14歳までの間に行うのが有効だと言われています。それは、上あごと下あごの大きさのバランス、歯とあごの大きさのバランスをある程度コントロールしやすいためで、小児矯正ではこの成長発育を利用して効率よく治療を行います。あごの骨がよく発達する時期なので、「歯を抜かずに歯並びを整えることも可能」という大きなメリットもあります。

子供の時に矯正を始めるメリット
・大人になってからでは治しにくい歯並びも、永久歯が生え揃う前のこの時期ならば動かしやすく、ストレスなどの負担が軽い
・将来本格的な矯正治療を受けるよりも、簡単な装置でしかも治療費用の負担も少ない
・早めに矯正治療を始めると、短期間で気になる部分の歯並びを治せる

矯正装置

シーラント

矯正装置には、取り外せるもの、固定したままのもの、金属のもの、プラスチックのものなど多くの種類があります。
使用する装置は、治療方針に基づき、個人個人に最も適したものが選択されます。
当院ではお子様の成長を考えた上で、歯磨きがしやすく、歯とあごの骨にやさしい装置を使用して治療を行っております。