子どもの虫歯の治療

「歯医者さんはこわくない!」と思ってもらえるように

キッズスペース

ヨクシオファミリー歯科では、歯医者さんに来院することは怖いことではなく楽しいことだと感じてもらえるように、キッズスペースを設けています。親子で楽しく通える歯科医院です。
お子様のお口・歯の事でお悩みがありましたら遠慮なくご相談下さい。

お子さまの虫歯

お子さまの虫歯

虫歯は、口の中に日頃から存在する細菌と食べ物の中の砂糖が影響することによって発生するものです。 虫歯の状態が初期であれば負担の少ない治療ですみます。 虫歯が進行している部分が広くなると削る部分も多くなり、大きい詰め物や被せ物を使用しなくてはいけないようなことになります。 常に最良と思われる治療をおこなっています。

乳歯が虫歯になってしまったら…

いずれ生え替わってしまう乳歯だからいいやと思っていませんか?
乳歯が虫歯になると、あとから生えてくる永久歯まで歯ならびが悪くなったり、虫歯になったりします。

  1. 乳歯が虫歯になる
  2. 咀嚼不足になる
  3. あごの発育が悪くなる
  4. 永久歯が生えるスペースが狭くなる
  5. 永久歯がきちんと生えてこなくなる

永久歯の歯ならびが悪くなると、見た目も良くないばかりか、歯みがきもしにくくなり、更に虫歯になりやすい歯になってしまいます。

虫歯を防ぐには ~生活習慣を見直す~

虫歯を防ぐ

乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいものです。また、乳歯も永久歯も生えてきたばかりの歯は、虫歯になりやすく、進行もとても早いので、子どもの虫歯には注意が必要です。  
特に食生活や歯みがきなど、小さな子どもの虫歯は、保護者の管理が大変重要です。
正しい知識をもって最適なケアを行ない、 子どもの虫歯を作らないようにしましょう。

寝る前1時間の飲食を控える

寝る前1時間の飲食を控える

寝ているあいだは、だ液の分泌量が減り、虫歯の出す酸に抵抗する力が弱まります。
寝る1時間前には、飲食を終わらるようにしましょう。

甘いものを長時間何度も口にしない

甘いものを長時間何度も口にしない

糖分を口にすると、虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。
しばらくするとだ液の力によって酸の中和と、再石灰化(溶けだしたミネラルが歯の表面に戻る)がおこなわれ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、一日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続けている状態になってしまいます。

かみごたえがあるものを食べる

かみごたえがあるものを食べる

糖分を口にすると、虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。
しばらくするとだ液の力によって酸の中和と、再石灰化(溶けだしたミネラルが歯の表面に戻る)がおこなわれ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、一日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続けている状態になってしまいます。

フッ素入り歯磨き用品を使う

フッ素入り歯磨き用品を使う

フッ素入りの歯磨き剤、フッ素入りジェルなどで、少しずつではありますが歯そのものを丈夫にすることができます。

虫歯はうつります
虫歯はうつります!
生まれたての赤ちゃんの口の中には、もともと虫歯菌は一切いません。
虫歯菌を持たない赤ちゃんに虫歯菌を移すのは、ほとんどの場合はお母さんを始めとした家族です。たとえば赤ちゃんへのキスや口移しでの食事などでも虫歯菌は赤ちゃんに移ってしまいます。
虫歯にかからないように育てるためには、周囲の大人が口内環境を整えて赤ちゃんに接することが大切です。 赤ちゃんが生まれる前から定期検診を受けて、口の中の虫歯菌を減らすようにしましょう。 また、食事を与える際には親の箸やスプーンは使わずに、赤ちゃん専用のものを使うようにしましょう。