虫歯について・虫歯の治療

なぜ虫歯ができるのか?

虫歯ができる主な原因
虫歯ができる主な原因
1.歯みがきが出来ていない・ブラッシング方法の間違いなどで歯垢がついたままになっている。
2.糖質、甘いもの(特に砂糖)を原料として細菌が歯垢を作ります。
3.歯質が弱い。人によって体が強い弱いがあるように歯にもあります。
治療せずにそのまま虫歯を放置すると最悪の場合、歯を失うおそれがあります

虫歯になる原因には上記のように様々な要因があります。虫歯は口の中にいる微生物が歯の表面に付いた食べ物の残りカスなどから酸をつくり、その酸によって歯が溶かされていまう病気です。
虫歯は自然に治ることはありませんので放っておいても健康な歯には戻りません。治療せずにそのまま虫歯を放置すると最悪の場合、歯を失うおそれがあります。

虫歯の進行と段階

(1)CO 初期段階の虫歯
初期段階の虫歯

歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。
この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

(2)C1 エナメル質の虫歯
エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。

この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います

(3)C2 神経に近い虫歯
神経に近い虫歯

エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。

この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

(4)C3 神経に達した虫歯
神経に達した虫歯

象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。

この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

(5)C4 末期の虫歯
末期の虫歯

歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。
この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。

歯を失ってしまう前に…

歯を失ってしまう前に…

虫歯は日頃の食生活、ブラッシングである程度の予防は可能です。虫歯ができたから治療するという考え方ではなく、日常のお口の衛生管理に努め日頃から予防をしっかり行うことが大事です。

定期検診を心がけ、早期発見・早期治療に努めましょう。
当院では予防プログラムを実施しております。お気軽にご相談ください。