歯周病について

歯を失う原因No.1の歯周病

80歳になると殆どの歯がなくなってしまう!? その原因が「歯周病」

80歳になると殆どの歯がなくなってしまう
28本ある自分の歯が、80歳になった時どの位残っているか考えたことはありますか?
現在の日本において80歳で自分の歯が20本以上残っている人は稀で、平均は8本前後と言われています。総入れ歯の人も珍しくはありません。
こうなってしまったのは、我々日本人が「歯を残す為の努力」を怠っていたからです。
日本人の約8割が「歯周病」にかかっており、歯を失う原因No.1となっています。その歯周病に対する意識を変えるだけで、少しでも多くの歯を残すことができるのです。

歯周病とは?

歯周病菌が増えて毒素が歯の周りの歯周組織を破壊し骨を溶かしてしまう恐ろしい病気

治療せずにそのまま虫歯を放置すると最悪の場合、歯を失うおそれがあります

歯周病は、歯周ポケットと呼ばれる歯のまわりの溝に歯周病菌が増えてその毒素が歯の周りの歯周組織を破壊し最終的には歯を支えている骨を溶かしてしまうという恐ろしい病気です。
初期の段階では、そこまで大きな症状がない為、自覚がない人がほとんどです。中期から末期にかけての症状が出始めた頃に歯科医院に来られる患者さまが非常に多く、手遅れになってしまっている人もたくさんみられます。
歯科での定期健診や以下に挙げたような症状を感じた時に歯科医院に相談すれば、最悪の事態は防ぐことができます。

当てはまる症状がある方は一度ご相談を!

見逃していませんか?歯周病のサイン

・ 歯磨きで血が出る
・ 冷たいものや熱いものがしみる
・ 口臭がある
・ 起床時、口の中がネバネバする
・ 歯がグラグラする
・ 歯肉が痩せて歯の隙間が目立つ
・ 腫れたり膿が出たりする

日本で最も多い歯周病の治療方法

根本的な解決にならない治療が行われている現状

根本的な解決にならない治療

現在の日本の保険内で出来る歯周病治療は、「歯垢を取る」ことしかできません。
歯垢を取ることによって、一旦は歯周病が治まった様に見えますがまた再発します。
そしてもう一度歯科医院に通う…その繰り返しです。
では何故、歯周病菌はなくならないのでしょうか?
歯周病菌は細菌の一種です。
唾液と一緒に体内に侵入したり血液中に入りこんだりもします。
ですから、歯垢を取るという行為は、表面をきれいにしているだけで根本的な細菌退治をしたことにはならないのです。

歯周病を本気で治す為に作られたプログラム

「根本的歯周治療」

歯を失ってしまう前に…

歯周病を根本から治したい、そんな思いから作られたのが「根本的歯周治療」です。歯周病を細菌レベルで治療し、歯を守るのはもちろん、歯周病によって引き起こされる様々な病気を未然に防ぐことができるのです。