ブログ

タバコと歯周病

 

こんばんわ、受付の新居です。
今回はタバコと歯周病の関係についてお話しします。
聞いたことがある方もいるかもしれませんが
タバコと歯周病は大いに関係があり
喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病になるリスクが高く

歯周病治療をしたとしても治る効果が半減してしまいます。

喫煙の何が歯周病にとって問題でしょうか?
いろいろ言われていますが一番問題なのはニコチンによる血行不良です。
歯茎が赤色をしているのは、歯茎にたくさんの血液が流れているからなのですが、タバコを吸うとその歯茎の血液の量が減ってしまいます。

喫煙者の方の歯茎を見ると特徴的なポイントがあります。
・歯茎が暗赤色している
・歯茎が少し分厚くなりロール状になっている
・色素沈着している
・歯周病になっても出血しにくい

一番問題なのが4つ目です。
歯周病を発見するポイントとして
歯茎からの出血というものがありますが
喫煙者の方は歯周病になっていても出血することが少なく、気づきにくいという問題があるのです。
かなり悪化してからでないと自覚しないため

歯医者に来る時期が遅くなり手遅れになりやすいことが多いのです。

タバコは歯周病だけではなく、全身の病気にも関係があります。
すぐには難しいと思いますが出来れば少しずつタバコの量を減らし、いつかは禁煙をされることをお勧めします。
そして定期的に歯医者に通い検診・メンテナンスをして綺麗な状態を保ちましょう(^ ^)

 

 

LINEで送る

Pocket


歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。