ブログ

魚を食べて元気に過ごしましょう!

みなさんこんにちは!

歯科助手の三浦です。

今日は魚油についてお話しますね。

魚油に含まれる成分は大きくわけて2つあります。

EPA(エイコサペンタエン酸)とDCA(ドコサヘキサエン酸)です。

ではこの2つは人体にどのような影響を与えてくれるかご存知でしょうか?

EPAには血管の収縮や血小板の凝縮を抑える効果があり、心筋梗塞のリスクを下げる事ができます。

心筋梗塞は日本人の死因第二位である心疾患にあたりますので、現代の日本人には特に摂取して欲しい栄養素となります。

DHAには、精神的障害やアルツハイマー病の治療に有効とされています。

人体にとっても有益な魚油ですが、酸化(光や熱、酸素、水、金属などにより成分が変化し、体に有毒なものに変化する事)しやすいという大きな欠点もあります。

酸化油の摂取を避けるためにもなるべく新鮮な魚を食べるようにしましょう!

LINEで送る

Pocket


歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。