ブログ

歯周病と糖尿病

 

こんにちわ。高山です!

今日は歯周病と糖尿病の影響についてです。

歯周病と糖尿病には深い関係があります。

まずは糖尿病から歯周病への影響、、、

糖尿病で高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が

低下して、感染症にかかりますくなるといわれています。

最近感染を原因とする歯周病についても同様であり、

糖尿病の人は健康な人に比べて歯周病にかかる

リスクが高まると言われています。

また、高血糖状態で歯茎の血管が傷んでしまうことで、

歯周病が進行しやすくなります。

 

歯周病から糖尿病への影響、、、

歯周病により、歯茎の中で作り出される炎症性物質は

血液を介して血糖をコントロールするホルモンである

インスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる可能性

があります。特に2型糖尿病の方に関しては、

歯周病の歯周治療を行うことで、インスリン抵抗性が

改善することなどが報告されており、糖尿病の血清

コントロールに歯周治療が重要であることが

認識されてきています!

このように歯周病と糖尿病はお互いを悪化させる

ことがわかってきています。

2つの予防のためにも歯周病治療を受けましょう!

歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。