ブログ

口腔習癖

 

こんにちわ、高山です。

今日は口腔習癖についてです!

皆さま、特にお母さん、お父さん、

お子様の口腔習癖についててご存知でしょうか。

口腔習癖とは小児に見られるお口の癖のことです

口腔習癖が長引くと歯並びなどに大きく影響

することがあります。

1.吸指癖(指しゃぶり)

4歳までは生理的なものと考えられるが4歳を過ぎても

している場合は出っ歯や歯が斜めに生えることが

あります。

2.咬唇癖

通常は上の前歯の裏側に下唇を噛みこ見ながら

吸い込もうとする癖。出っ歯や歯が斜めに生える

などあります。

3.弄舌癖

舌を上下の歯と歯の間に入れ込む癖。この習癖は

異常嚥下癖と一緒に起こることが多い。

4.咬爪癖

爪を噛む癖。3歳頃から始まり学童期に増加する癖。

原因としては精神的緊張の高まりが挙げられる

前歯のすきっ歯やガタガタな歯並びなどが症状と

してあげられる。

お子さんの定期検診ではこのような歯並びの異常や

習癖、虫歯の有無など様々なチェック項目があり

早期発見で将来のリスクを下げてあげることも

できます。また、フッ素も塗布するので虫歯予防

も行います。

定期検診に来ていただき、こういった異常がないか

確認することも大切ですね!!

 

LINEで送る

Pocket


歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。