ブログ

風邪予防にビタミンA

こんにちは!歯科助手の三浦です。

今日は風邪予防に大切なビタミンAについて紹介します。

まず、ビタミンAには粘膜を丈夫にする働きがあります。

口、鼻、のど、はもちろん、肺などの臓器の健康維持にとても重要な栄養素となります。ビタミンAが不足していると、風邪をひきやすい以外にも口内炎ができやすい、歯茎が腫れるなど、粘膜が弱まって起こることがあります。このような症状があるときは、ビタミンA不足で免疫力が低下しているのかもしれません。

ビタミンAを多く含む食材として、レバー、うなぎ、鶏ハツ、卵、チーズ、サーモンなどです。また、体内でビタミンAに変換されるβカロテンは、野菜の色素成分にあたります。

なので、人参、パセリ、ほうれん草、春菊、大根の葉、かぼちゃなどに多く含まれます。

健康維持にかかせないビタミンAですが、過剰摂取での弊害として頭痛がありますので、摂りすぎには注意してください。また、妊娠初期の方は、ビタミンAの過剰摂取で赤ちゃんの先天奇形をもたらすことがありますので、ご注意ください。

LINEで送る

Pocket


歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。