ブログ

間食回数

 

こんにちは、高山です

今日は虫歯を防ぐ間食の回数についてです。

食事をとると2〜3分でお口の中のphが酸性に傾き

歯が溶ける脱灰が始まります。

そして、食事約20〜40分経つと唾液の力によって

口腔内のphが上昇し、歯を修復する再石灰化が

始まります。このように歯の表面は溶けたり

再生したりを繰り返しています。しかし、この脱灰の

時間が長く続いたり、お口の中の酸性が高いと

歯は溶けてばかりになり、虫歯リスクは増加します。

*正しい食事の摂り方

規則正しい食生活によって脱灰と再石灰化の

バランスはよくなります。だらだら食いを

やめるなど断続的な生活を身につけましょう。

就寝中は唾液の分泌が低下するため再石灰化が

機能しないため就寝前の食事も禁物です。

ヨクシオファミリー歯科では、唾液検査も実施

させていただいています。(自費)

唾液検査では、虫歯菌や唾液作用、唾液量などを

検査し、検査結果に基づいて虫歯菌の減少、

唾液量の増加、食生活の改善をサポートさせて

頂きます!

気になる方は是非、スタッフにお声掛け下さい!

LINEで送る

Pocket


歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。