ブログ

歯周病と糖尿病

こんにちは、高山です。

今日は歯周病と糖尿病についてです。

糖尿病とは、食べたものから分解された糖分が体内に吸収されにくくなり、血液中にとうぶんが溜まってしまう状態が続く病気です。

実は、歯周病と糖尿病は深く関連する病気であるということがわかり、歯周病は「糖尿病の合併症」と言われるようになりました。

糖尿病で高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が低下して、感染症にかかりやすくなると言われています。細菌感染を原因とする歯周病についても同様であり、糖尿病の人は健康な人に比べて歯周病にかかるリスクが高まると言われています。また、高血糖状態で歯茎の血管が傷んでしますことで、歯周病が進行しやすくなります。

歯周病により、歯茎の中で作り出される炎症物質は、血液を介して血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げて、糖尿病を悪化させる可能性があります。特に2型糖尿病の方は、歯周治療を行うことで、インスリン抵抗力が改善することなどが報告されており、糖尿病の血清コントロールに歯周治療が重要であることが、認識されてきています。

歯周基本治療を行うことで、全身の健康にも繋がります。

当院では、検査を始め、歯周基本治療を行っております。まずは、検診からで構いませんので、しっかり歯周基本治療を受けましょう!

LINEで送る

Pocket


歯のお悩み事は大東市住道の歯医者・ヨクシオファミリー歯科住道へお越しください。