神経がある歯とない歯ではどう違う?

歯医者さんで歯の神経を抜いたことがありますか?神経を抜いてしまえば痛みがなくなるので痛い時は良いですが、神経を抜くと私たちにどのような不都合が起きるでしょうか。今回は虫歯の悪化などによって神経を抜いてしまった歯がどのようになってしまうのかなどをヨクシオファミリー歯科と詳しく見ていきましょう。

神経を抜く症状

神経を抜く症状

歯には神経が走っています。歯の神経は温度や触られている感覚を感じることはなく痛覚のみを刺激として感じています。歯が痛くなる原因には以下のことが挙げられます。
1. 虫歯
虫歯原因細菌が歯についているプラークをエサにして酸を産生して歯を溶かしていきます。歯の中でもエナメル質に限局している虫歯は痛みを伴いませんが、象牙質まで進行している虫歯は痛みを伴います。
2. 歯髄炎
虫歯が歯髄まで波及すると歯髄炎を引き起こします。虫歯を放っておくと象牙質にある象牙細管という細い管を通って虫歯の原因細菌が歯髄へ進行していきます。歯髄の中は適度な湿度と温度なので細菌は活発に活動できます。

痛みがあると神経を抜く

虫歯では虫歯に侵されている歯の一部を除去することである程度痛みを抑えることはできます。しかし、歯髄炎になるとそうはいきません。歯髄炎は歯髄の一部が細菌感染したものと、歯髄全部が細菌感染したものの2つに分けることができます。
歯髄の一部が感染した歯髄炎では冷たい水で痛みを感じやすく、痛みがズキッと不規則に発生します。歯髄の全部が感染した歯髄炎では中で化膿していて眠ることもままならないほどの痛みが患者さんを襲います。歯医者さんへ急患として来院する患者さんの多くは化膿してしまった歯髄炎で、痛みを確実に取るために神経を抜かなければいけません。

神経を抜くと歯が弱くなる

神経を抜くと歯が弱くなる

歯の神経は歯髄の中に収まっていますが、患者さんの痛みが強い時は神経を抜く処置を行います。これにより歯髄の中が空洞になってしまい、歯の乾燥が加わると折れやすくなります。歯を折れにくくするためには歯髄の中に神経の代わりとなるものを入れなければいけません。歯医者さんも神経を抜いた後は神経の代わりになる歯科材料を入れてくれます。
この歯科材料を「根管充填材」と呼んでいますが、歯科医療をする上で「神経は最良の根管充填材だ」という言葉があるくらい神経は歯にとって大切なものです。歯磨きを怠るだけで神経を抜かなければいけなくなります。日々のセルフケアをしっかりと行うように意識してください。

LINEで送る

Pocket