悪目立ちする銀歯から、自然な白い歯に交換しませんか?

笑ったときに口元から覗く銀歯、ひょっとして悪目立ちしていませんか?自分では意識していない銀歯でも、意外と人からは見えているものです。思い切ってセラミックと交換をして、輝く白い歯を手に入れてみませんか?きっと、あなたの魅力がグンと高まって行くはずですよ。では、セラミックの歯にするメリットやその種類についてヨクシオファミリー歯科が解説していきましょう。

セラミックの種類

セラミックの種類

■メタルボンド 
金属の周りに白いセラミックを焼き付けたものですが、中身が金属なのでとても丈夫で美しい仕上がりです。奥歯に適しているでしょう。

■セラミックインレー
全体ではなく部分的にセラミックを詰めるものですが、とても自然な仕上がりです。

■オールセラミック
金属を使わずにセラミックだけで作られたものですので、年数が経っても歯の根元が黒くならずに美しい状態を維持することが出来ます。

その素材とはどのようなもの?

セラミックの歯に使われている素材には以下のようなものがあります。

■ジルコニア
強度が高く、生体親和性もあるので、今、とても注目を集めています。腐食にも強いので、銀歯のように金属が溶け出して歯茎が黒ずむ心配がありません。

■ハイブリッドセラミック
レジンという歯科用プラスチックにセラミックの粉末を混ぜたものです。こちらも金属を使わないので、歯茎の黒ずみもなく綺麗な仕上がりですが、割れやすいという難点があります。

■アルミナ
アルミニウムで出来た素材です。強度がやや劣りますが、その分、噛み合わさる自分の歯と摩耗させないというメリットがあります。

セラミックに交換するメリットについて

セラミックに交換するメリットについて

銀歯というものは時間が経つと唾液によって腐食してしまいます。そうなれば、歯茎が黒ずむことだけではなく、歯にもダメージを与えて、何度も治療を重ねなければなりません。何度も治療を繰り返していけば、当然、歯の寿命は短くなってしまいますよね。セラミックは見た目が美しくなるのはもちろんですが、審美面だけでなく健康も維持できるのです。

セラミックへ交換する流れ

ダイレクトボンディング法という方法で、交換を行っていきます。まず銀歯を外し、歯科用の白いプラスチックを削った歯に詰めて、噛み合わせを整えていきます。ほとんど歯を削らない、また歯型も取らなくて済むために、治療はたった1日で終わっていまうでしょう。短期間で済むというのは、とても嬉しいことですね。
セラミックを入れたからといって、なにもしなくても大丈夫というわけではありません。虫歯になってしまえば、せっかくのセラミックも外して歯医者で治療をしなければなりません。そうならないように、日常のケアをしっかりと行っていきましょう。

LINEで送る

Pocket