歯磨き粉の代わりに重曹でホワイトニングできる?重曹の効果は?

芸能人のように白く美しい歯は誰もが憧れます。歯医者さんで歯を白くするホワイトニングがありますが、保険治療ではありませんから簡単に手を出せないという方もいらっしゃるでしょう。そのようにお悩みの方、自宅にもある「重曹」を使うことで簡単に歯を白くできることをご存知でしょうか?重曹を使えば費用も抑えることができますし、虫歯や歯周病などの予防にも効果があります。今回は重曹を使った歯磨きの効果についてヨクシオファミリー歯科が紹介します。

歯磨き粉の代わりに重曹で歯磨き!

歯磨き粉の代わりに重曹で歯磨き!

最近、歯を白くする成分が含まれているタイプの歯磨き粉も簡単に手にいれることができますが、歯磨き粉の代わりに重曹を使うことで歯を白くすることができます。重曹を使用する方法は、水で重曹を溶かしてペースト状にしたものを使用する方法、ワセリンやグリセリンなどに重曹を混ぜて使用する方法など様々な方法がありますが、最も簡単な方法として直接歯ブラシに重曹を付けて磨く方法もあります。

重曹には歯を白くする効果があるの?

洋服のお洗濯やシンクの汚れなどにも使用される重曹には、汚れを落とす効果があります。歯に対して使用する重曹も同じように、歯に付着した汚れの原因となるたんぱく質を分解して、研磨作用により汚れを落としています。そのため本来の歯の色に戻すことはできますが、もともとの歯の色以上に白くすることはできません。しかし、どのような飲食物も歯の着色の原因となりますから、重曹で歯磨きをするだけでも十分に効果を期待できます。

気を付けてほしい重曹歯磨き

気を付けてほしい重曹歯磨き

重曹は塩と同じ、ナトリウム化合物から作られています。重曹をなめると塩と同じように塩辛いです。重曹を使用する歯磨きやうがいで誤って飲み込んでしまうと、塩分の過剰摂取になってしまいます。また、重曹には非常に強い研磨作用があります。力をいれて歯磨きをすると歯の表面が削られてしまい、知覚過敏や汚れの足場をより作る原因となってしまうので磨きすぎには気を付けましょう。

輝く歯に

重曹での歯磨きは、歯の表面についた汚れを落として本来の歯の白さを取り戻すことはできるものの、本来の歯の白さ以上にすることはできません。「本来の歯よりももっと白くしたい!」という方は、歯医者さんでホワイトニングの治療を受けなくてはなりません。また、重曹の使い方を誤ってしまうと歯の汚れを余計につけてしまう原因となってしまうので気を付けて行ってください。正しい重曹の歯磨きを行って、本来の歯の輝きを取り戻しましょう!

LINEで送る

Pocket