あくびをしたら「ボキッ」と音が!顎関節症の症状は?

顎がカクカクする、あくびをすると「ボキッ」という音が鳴るなど、顎に違和感や痛みを感じる時はありませんか?一時的なものとしてあまり気にせず、放っておくことが多いこのような症状ですが、実は、顎関節症を引き起こしているかもしれません。大したことないから大丈夫と思っていると、後々大変なことになってしまう場合も…。ヨクシオファミリー歯科と一緒に見ていきましょう。

顎関節症とはどんな病気?

顎関節症とはどんな病気?

顎に関するトラブルで最も多いのが顎関節症だと言われています。顎は、筋肉や関節、神経などが入り組んだ複雑な構造をしていますが、この一部分がずれたり痛みを発症したりすることで顎関節症は起こります。顎関節症になる明確な一つの原因というのはなく、様々な原因が重なって発症すると言われています。いろいろなものが重なって顎に負担がかかり、関節のずれや筋肉の動きに支障をきたして顎がスムーズに動きにくくなってしまうのです。原因の多くは、日常生活の過ごし方にあります。例えば、頬杖をつくクセがある、食事をするときにいつも片方の歯で偏った噛み方をしてしまう、早食いや大食いをしがちで顎に負担をかけているなどが挙げられます。また、無意識のうちにやってしまうことに、歯ぎしりや食いしばり、睡眠時にうつぶせや片方ばかり向いて寝るなども原因のひとつになります。

実は怖い?顎関節症を放っておくとどうなるの?

日常生活でのクセや習慣からもなりやすい、顎関節症。軽度の場合は、「なんだかおかしいような?」とあまり真剣には考えないことも多いでしょう。しかし、一時的なものだろう、ちょっとおかしいけれど気にすることはないだろうと放っておくと、重症化してしまい、さらには他の部分でも支障がでる場合があります。

顎や口に関するもの

顎を動かす際に、顎の関節やこめかみの部分に痛みが生じることがあります。会話をしたり、あくびで口を開けたり、食事をしてものを噛んでいる時に痛みを感じます。

それ以外の部分に関するもの

顎の問題だけではなく、こんなところも?というような部分に影響がでることがあります。例えば、首や肩のこり、背中や腰の痛み、頭痛やめまいが起きたり、目の疲れ、充血、耳鳴りなどの症状も報告されています。さらには、口内が乾燥したり、味覚障害が起こったり、飲み込むことが難しくなる嚥下障害や呼吸困難も引き起こす可能性があります。

上記の他にも、難聴や手足のしびれなどもあり、実は怖い症状がでることもあるのです。一度発症するとなかなか完治せず、良くなったり悪くなったりを繰り返すとされており、長くつきまとうことになってしまうのも、顎関節症から生じる症状の恐ろしさです。

この症状は要注意?実は顎関節症かも

この症状は要注意?実は顎関節症かも

気づいたら早めに病院で診察を受けたい顎関節症ですが、どのような症状があると気を付けた方が良いのでしょうか。こんな症状がある方は、もしかすると顎関節症の可能性があります。

大きく口を開くことができない

口の開く大きさは人によって差があるものの、人差し指、中指、薬指の3本を縦にして口に入るかどうかを試してみてください。2本以下しか入らないという方は、口を十分に開けられていない可能性があり、顎関節症の疑いがあります。

あごを動かすとカクカクする(音がする)

口を開いたとき、食事をしていて噛むときなどにカクカク、ミシミシといった音が耳元ですることがあります。顎の関節のクッションがうまく作用していないことが考えられ、顎関節症の初期段階かもしれません。

噛み合わせがおかしい気がする

食事をしている際に、なんだかうまく噛めない、これまでとは噛み合わせが違う気がすると感じたら、顎の筋肉や関節がずれてしまっている可能性があります。歯はよほどの強い衝撃を受けない限り急に位置がずれるということはないので、顎の問題を疑った方が良いでしょう。

顎に痛みを感じる

何もしていない時は感じないのに、口を開けたり話したり、食事の際に顎が痛いということはありませんか?または、これらの時に顎に違和感を感じていませんか?顎を動かしていない時にも痛みがある場合は違うトラブルが考えられますが、顎を使う際に痛みを感じるのは顎関節症の特徴です。

顎に違和感や痛みがあったら

顎関節症の症状例をご紹介しましたが、「あれ?これって私かも…」と思われた方もいると思います。もし症状を自覚したらまずは顎への負担を減らしてあげましょう。様々な要因で顎が疲弊して、SOSサインを出している可能性があります。
食べ物は基本的に顎への負荷を減らすために柔らかいものを選びましょう。白米をおかゆに、麺類はいつもより軟らかめにゆでるなど工夫ができます。ガムやステーキといったしっかりと噛まなくてはいけないものは控えたほうが良いでしょう。睡眠時はうつぶせではなく仰向けに寝るようにし、着席時に背筋を伸ばして頬杖はつかないよう心掛けることも大切です。他にも、同じ姿勢でいるのではなく散歩やストレッチで体勢をリセットすることもおすすめです。顎に違和感や痛みを感じていない方も、顎関節症の予防として取り入れてもいいですね。