インプラント治療箇所の膿を放置するのはNG!早めに歯科を受診しよう

インプラント治療は、手術が完了しても自分で毎日きちんとメンテナンスを行う必要があります。また、歯医者さんでの定期的なメンテナンスを受けることも怠ってはいけません。術後の過ごし方によっては、インプラント治療箇所から膿が出てきてしまうこともあるのです。

膿が出てくる原因

膿が出てくる原因

インプラントの周辺に限ったことではありませんが、出血が起こりそこに細菌が感染し炎症がおきると膿が出ます。
インプラント治療箇所から膿がでてしまった場合、インプラントの周辺か埋め込んでいるインプラントと顎の骨の間が細菌に感染してしまったと考えられます。歯科医院では、手術中に細菌に感染しないように十分注意しているので院内で細菌感染することは基本的にはないでしょう。となると、考えられる原因は日々の歯磨きや歯医者さんでの定期的なメンテナンスを怠るなど、術後のケアが十分ではなかったということになるでしょう。口内が不衛生になっていると細菌に感染する可能性が高くなってしまうのです。

早めにヨクシオファミリー歯科へ

膿が出てしまった場合、できるだけ早めにヨクシオファミリー歯科に診てもらいましょう。痛みがなくても放っておいて治ることはありません。症状が軽ければ、歯医者さんで消毒と洗浄をしてもらうことで改善する場合もあります。炎症がひどくなると、インプラントと骨の結合に問題が出たり、顎の骨が痩せてしまって見た目にも影響が出てきます。
すぐに受診できない場合は、できるだけ清潔に保つことを心がけましょう。痛みがなくても、熱いものや辛いもの、硬いものなどは控えましょう。

放置しないで!

放置しないで!

細菌に感染している場合は歯医者さんで治療しても症状が落ち着くまでに10日前後かかることもあります。しかし、そのまま自宅で放置していても治りません。応急処置として、うがいをしたり口内を清潔に保つことは必要ですが、解決にはつながらないでしょう。早期に適切な処置を行えば悪化することは防げます。歯医者さんを受診する際には、膿に気がついた時期やきっかけ、今までに服用した薬などを正確に伝えましょう。
そうならないためにも…毎日のメンテナンスはしっかり行ってください。インプラントの周辺は歯ブラシだけでなくワンタフトブラシなどを併用して汚れがたまらないように気をつけましょう。また、決められた歯医者さんでのメンテナンスは必ず受けましょう。異常があれば、早期発見に繋がりますし、口内の洗浄も行ってもらえるのでトラブルの予防にもつながります。

LINEで送る

Pocket