矯正歯科をした後も3ヶ月に1度は定期検診が必要です

矯正歯科は通常2~3年と長期にわたって徐々に歯並びを変えていきます。しかし、矯正器具を外したからといって完全に矯正治療が終わっている訳ではありません。矯正器具を外した後も矯正治療が続きます。なぜ矯正治療を終えた後も歯医者さんへ定期検診に行く必要があるのでしょうか。今回は矯正歯科を行った後の定期健診について、ヨクシオファミリー歯科が説明します。

矯正治療後の後戻り

矯正治療後の後戻り

矯正治療は歯の根に弱い力をかけてゆっくりと動かします。力が加わった歯の根はやわらかく動きやすい状態になります。すると、歯は「元の歯並びに戻ろう」とします。これが矯正治療後の後戻りの原因となってしまいます。この後戻りを防ぐために矯正器具を外した後も歯医者さんへ定期検診に行くことが重要です。

歯周病の場合、後戻りが起こりやすい

矯正装置は複雑な構造のため磨き残しが出来てしまい、どうしても矯正治療中に虫歯や歯周病になることが多いです。歯周病は歯を支える骨や歯茎が痩せてしまいます。歯を支える組織が少なくなっているため、歯は移動しやすい状態となっています。歯周病は誰にでも起こりうる病気ですから早期発見のためにも定期検診へ行くに越したことはありません。

後戻りを防ぐには?

矯正器具を外した後に行う治療で使われるのが保隙装置です。矯正治療後の後戻りの原因で最も多いのが、保隙装置を付けていなかったことによる後戻りです。保隙装置は綺麗になった歯並びを安定・維持させるためのものです。保隙装置にはいくつか種類がありますが、大きく分けると固定式や取り外しを行える可動式の2つがあります。保隙装置は、矯正器具を装着する際に生じる痛みは全くありません。

保隙装置を付けている間も定期検診へ

保隙装置を付けている間も定期検診へ

保隙装置を付けている期間や種類には個人差がありますが、1~2年程度装着します。保隙装置をつけている間は歯医者さんに3ヶ月に1回の定期検診へ行きましょう。この定期検診では保隙装置の調節や状態、後戻りが起こっていないかを確認してもらうのはもちろんのこと、虫歯や歯周病になっていないかも確認してもらうことが出来ます。

定期検診の必要性

矯正器具を外した後は異物がなくなった開放感や、見た目が改善されたという達成感などにより歯医者さんへ行くことをおろそかにする人も中にはいますが、せっかく時間とお金をかけて行った矯正治療が元の歯並びに戻ってしまうと勿体ないですよね。綺麗で健康な歯を保つためには矯正器具を外した後も歯医者さんへ行きましょう。

LINEで送る

Pocket