歯の矯正中にはクリーニングがおすすめ!したほうがいい理由

歯並びが良くないと、見た目や健康面でさまざまなデメリットが生じます。それを改善する方法として「矯正治療」がありますが、その際には「歯のクリーニング」を利用することをお勧めします。
そこで、なぜ矯正中のクリーニングがお勧めなのかについて解説します。

歯の矯正中はクリーニングが必須

歯の矯正中のクリーニング
冒頭で「クリーニングしたほうがいい」ということを話していますが、さらに言えば「歯の矯正中は歯のクリーニングが必要不可欠」であると言えます。

歯の矯正中は、「マウスピース」など一部の矯正器具以外は装置を取り外すことが難しいです。例えば「ワイヤー矯正」がそうですが、取り外しができない矯正器具はその周囲に食べかすが残りやすいのです。

矯正器具を取り付けていると、矯正器具と歯茎の間に歯ブラシが届きにくくなります。届きにくくなるとは言え、そのまま放置してしまえば虫歯や歯周病の原因になるので大問題です。

また、自分で取り外すことができるマウスピース矯正の場合は、通常と変わりなく歯磨きが可能です。ですが、それでも自分で行うデンタルケアだけでは虫歯や歯周病のリスクは完全には減らせません。

そのため、定期的に歯科医院に通院して、歯のクリーニングと器具のメンテナンスを受けなければならないのです。仮に虫歯や歯周病を患っても、その初期の段階で治療することができます。初期段階であれば、矯正治療を継続したまま治療することもできます。

どの歯医者でもクリーニングをしてもらえる?

基本的にどの歯科医院で矯正治療を受けているとしても、歯のクリーニングはしてもらえます。ただし、歯のクリーニングが矯正治療のプランに含まれているかどうかは、歯科医院によって異なります。

プランの中に含まれていない場合でも、別料金を支払うことによって歯のクリーニングを受けることができるはずです。また、定期検診の際に歯のクリーニングをお勧めされるケースもあります。

矯正治療を受けている歯科医院の他の歯科医院でも、クリーニングを受けることは可能です。

しかし、一般歯科の場合は矯正装置を外すことができませんので、装置が付いたままの状態でクリーニングしなければなりません。矯正器具を装着したままの状態でクリーニングをしてくれる歯医者もありますが、外してからクリーニングする場合と比較してきちんときれいにできないケースが多いです。それを考えると、通っている矯正歯科で装置を外した状態でのクリーニングを利用することをお勧めします。

ちなみに、歯科によっては「矯正中はクリーニングの必要はない」と考えている場合もあります。非常に稀なケースではあるのですが、その場合には他院での歯のクリーニングを利用するしかありません。本当に稀なんですけれどね。

歯のクリーニングの頻度はどのくらいが適切か

歯医者の予約日が書き込んであるカレンダー

歯のクリーニングの頻度は、歯科医院によって異なります。日頃のケアが十分で、きちんと歯の汚れが取れていれば3か月に1度の頻度でも十分です。

しかし、自宅でのケアが不十分で歯の汚れがひどい場合には、1か月~2ヶ月に1度の頻度が適切な場合もあります。

また、定期的に矯正装置の調整を受ける際に一緒に歯のクリーニングもしてくれる場合もあります。クリーニングの頻度については担当医にしっかりと確認をとっておいてください。特に忙しくて歯磨きの時間が十分に確保できない場合、こまめにクリーニングを受けなければなりません。

適切な頻度は、矯正治療を受けている患者さんによって大きく異なります。しかし、どの患者さんも歯のクリーニングが必要であることには変わりません。適切な頻度については担当の先生としっかりと相談して、虫歯や歯周病で矯正治療が邪魔されることがないようにしましょう。

矯正中に歯のクリーニングを受けるメリットは?

矯正治療中の歯のクリーニングの最大のメリットは、前述の通り「虫歯や歯周病のリスクを減らせる」ことです。矯正治療中は矯正治療を行っていない時と比較して十分なデンタルケアができません。

しかも、その原因となっている矯正器具は患者さんの意思で取り外すことができないというネックもあります(マウスピース矯正は別)。せっかく歯並びを矯正しても虫歯や歯周病になってしまっては意味がありません。プロの手によって、しっかりと歯をきれいにしてもらいましょう。

次に「色素沈着を防ぐ」というメリットです。歯列矯正の最中は「ホワイトニング」を利用することができません。歯列矯正を利用する理由として大きなものが「見た目を改善したい」ことです。それなのに歯が変色して黄ばんでしまっては、いくら歯並びが良くなっても見た目はあまり良くありません。矯正治療が完了した時に見た目を最大限良くするためにも、矯正中の歯のクリーニングは重要なのです。

その他にも「歯や口腔内の異変に気が付きやすい」ことです。メンテナンスの際にも口腔内の状態は確認しますが、歯のクリーニングを利用することで細かいところまでしっかりと確認してもらい、異常に早めに気がつくことができる可能性があります。

LINEで送る

Pocket