JR「住道」からすぐのヨクシオファミリー歯科

インプラント

インプラントで自然な見た目と噛み心地、
快適さを手に入れませんか?

自分の歯のように噛める

インプラント

インプラントというと、あまり馴染みがなく、不安に感じる人もいるかもしれません。でも、実は治療法が開発されてから半世紀ほども経っている歴史の長い治療法です。日本では保険が適用されないため、まだメジャーな治療法とは言えませんが、歯が抜けた際に行う治療の中では最も「自分の歯のように噛める」治療法であり、自然な見た目や周囲の歯を傷めない健康的な治療法ということからも、人気が高まってきている治療法です。

インプラントはこんな方におすすめです
  1. なんでもしっかりと噛みたい方
  2. 入れ歯がどうしても合わない方
  3. より自然な見た目にしたい方
  4. 周囲の歯になるべく負担をかけたくない方
  5. きちんとメインテナンスができる方

インプラントってどんな治療法?

自分の歯で噛んでいるような感覚が得られます

インプラント

インプラントは歯を失ってしまった場合に、その部分の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、歯をかぶせる治療法です。噛んだ感触が直接骨に伝わるため、自分の歯で噛んでいるような感覚が得られるのが最大の魅力とも言え、ついつい人工の歯であることを忘れてしまうほどです。このような点から、よくインプラントは「第三の歯」とか「第二の永久歯」というように例えられます。

差し歯とインプラントは別物です!

インプラントはよく差し歯と混同されていることがあります。おそらくインプラントを「歯茎(骨)に差し込んでいる歯」という意味合いで「差し歯」と思っている人が多いようです。でも、差し歯というのは、歯根が残っている場合に、歯根の内部に差し込んでいる歯のことを言い、歯のないところに穴を開けて埋め込むインプラントとは全くの別物ですので、混同しないようにしましょう。

インプラントの利点と欠点

メリットとデメリット

インプラントは失った歯を補う優れた治療法ですが、利点もあれば欠点もあります。治療を選ぶ際には、その点をよく把握した上で決めていきましょう。

メリット
天然の歯に近い噛みごたえ
インプラントは天然歯に近い噛みごたえが得られます。これは顎の骨に直接埋め込んでいるインプラントならではの利点です。
見た目が自然
インプラントは、表から見える部分はインプラントの上にかぶせている人工歯(通常はセラミック)です。そのため、天然歯のような自然な見た目になります。
周囲の歯にダメージを与えない
インプラントは、単独で歯を立てることができます。それに対し、他の治療法、例えばブリッジの場合は、歯がない部分の両隣の歯を削ってかぶせる必要がありますし、入れ歯の場合には、歯がない両隣の歯に金具がかかり、噛むたびに支えている歯が揺さぶられて、歯の寿命を短くしてしまいます。
お手入れが簡単
インプラントは、ご自分の歯と同様な方法でお手入れします。そのため、入れ歯の様に取り外して洗ったり、ブリッジの様に複雑な装置を磨くような面倒さがありません。
顎の骨が痩せない(見た目が老けにくい)
ブリッジや入れ歯は、歯がない部分の骨が使われないことにより、痩せていってしまいますが、インプラントは噛む力が骨に伝わるため、骨が痩せにくく、顔にシワができにくいため、見た目の若々しさを保ちやすい利点があります。
デメリット
保険がきかないので高額
インプラントは保険がききませんので、治療費は他の治療に比べどうしても高くなってしまいます。
手術が必要
インプラントは顎の骨にインプラント体を埋め込む手術が必要になります。そのため、持病がある方、妊娠中の方などには向かない場合があります。
治療期間が長い
インプラントは顎の骨に埋め込んでからしっかりとくっつくまでに数ヶ月を要します。それゆえ、どうしても治療期間が他の治療より長くかかってしまいます。

インプラントの成功率を高める
「光機能化インプラント」技術

実際インプラントの成功率はどのくらい?

インプラントは成功率の高い治療法で、インプラントの成功率は95%以上だとよく言われますが、これは治療を行う歯科医師、インプラントのメーカーなどによってももちろん変わってきます。

インプラントと骨がいかにくっつくか、が成功の鍵!

インプラントが成功するかどうか、というのはインプラント体(人工歯根)がどれだけ早期に、どの程度しっかりと骨にくっつくか、というところにかかっています。
インプラントは人工臓器の中でも、生体(骨)としっかりと結合する方であり、「最も優れた人工臓器」と言われていました。でも実際、インプラントが骨と結合している面積は40≠U0%程度と案外低く、しかしそれにも関わらずある程度良い結果は得られていました。

インプラントは製造から時間が経つにつれ、表面の性能が落ちる

インプラントが骨としっかりくっつくために、インプラントの表面性状というのは研究に研究が重ねられており、現在では昔と比べて骨との結合が非常に良くなっています。しかし、実は、インプラントというのは、製造されてからだんだんと時間とともに表面が劣化し、歯科医院で使われる頃には、製造されたばかりのインプラントと比べ、周囲に骨ができづらくなっていることがわかったのです。

でも、工場で製造されてから歯科医院に届くまではどうしても時間が経過してしまいます。できたばかりのインプラントと、時間が経過したインプラントとでは、骨のできる量が倍ほども違うことがわかりました。そこで開発されたのが、光機能化技術です。

光機能化技術でより安全・安心なインプラント治療を

時間が経過したインプラントであっても、特殊な光を表面にあてることによって、インプラントと骨が98.2%まで結合することがわかりました。このことにより、インプラントと骨の結合スピードが4倍にも速まり、そしてこれまでよりも3倍結合力が高くなる、とい結果が出ました。つまり、インプラントの成功率を大幅に高められるようになったのです。

ヨクシオファミリー歯科ではインプラントの成功率を100%に近づけるべく、いち早くこの光機能化技術を取り入れ、活用しています。

^


電話をかける

ネット予約

TOP