JR「住道」からすぐのヨクシオファミリー歯科

一般歯科

お口のトラブルを感じたら
早めの対応が大事!

患者様の心の声に最大限に耳を傾けます

長野院長

突然起こる歯の痛みや不快感。「そのうち治るだろう」もしくは「本格的に痛くなったら歯医者に行こう」などと放っておいたりしていませんか?・・でも、それはあまりおすすめできません。虫歯のような歯のトラブルは、軽めのサインの段階で対処することで、治療が軽く済んだり、歯の寿命を縮めないようにすることが可能だからです。少しでも歯の異変を感じたら、早めに歯医者に行くこと、これが一番大事です!

虫歯治療

虫歯治療、痛くないようにできる?

虫歯の治療に恐怖感を持っている人は少なくないと思います。虫歯治療というと「痛いのだろうか」と不安に感じる人がほとんどでしょう。それでなかなか歯の治療に行くのが億劫になってしまうのもよくわかります。

でも、昔とは違って最近では、虫歯治療を痛くないようにする技術が進んでいます。ヨクシオファミリー歯科では、表面麻酔の徹底や極細の針の使用、痛みのない麻酔テクニックを行うことにより、極力痛みを感じさせない治療を行なっています。

麻酔

表面麻酔剤
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ、注射針を刺す痛みを減らします。

麻酔

電動の麻酔注射器
電動注射器を使用すると 従来より細い針が使え、刺した時の痛みがおさえられます。注入時の圧力が一定で、 手ぶれもなく、ゆっくりと痛くないように麻酔ができます。

削る量を最小限にする治療を行なっています

長野院長

虫歯はよほどひどくならなければ、治療で詰め物やかぶせ物をして、見た目や噛む機能を取り戻すことができます。でも、なるべく天然の歯質を残すということは、その後の歯の寿命にも大きく関わってくるということがだんだんわかってきました。

ヨクシオファミリー歯科では、少しでも歯が長持ちするよう、1ミリでも多くの歯質を残せるような治療を行なっています。また、虫歯を削った後に詰めたり、かぶせたり材料は、リーズナブルな保険の材料以外にも、セラミックのような審美性に優れ、体に優しい材料も各種取り揃えています。詳しくはご相談ください。

根管治療(根っこの治療)

痛みをしずめ、歯を長生きさせる根管治療

虫歯が大きく、中の神経に達すると、激痛が出ます。この激痛を治めるためには神経を取らなければなりません。この治療のことを「歯根の管内部を治療する」ということで、「根管治療(こんかんちりょう)」と呼んでいます。神経を取ると、歯は強い衝撃などに対して弱くはなりますが、しっかりと根管治療を施し、詰め物やかぶせ物を行うことで、きちんと噛めるようになり、歯を長生きさせることも可能です。

また、神経のない歯根の先に膿がたまるトラブルが起こることがありますが、このような場合にも根管治療を行うことで、歯を救うことができます。

根管治療の流れ
  1. 汚染された組織を除去します
    汚染された組織を除去します
  2. 次へ
  3. 消毒液を入れ蓋をします
    消毒液を入れ蓋をします。
    完全に消毒できるまで繰り返します
  4. 次へ
  5. 消毒が終わったら充填剤を入れて密封
    消毒が終わったら充填剤を入れて密封
  6. 次へ
  7. 土台となるコアを入れます
    土台となるコアを入れます
  8. 次へ
  9. 冠をかぶせます
    冠をかぶせます

詰め物・かぶせ物治療

虫歯で失われた部分をしっかりと守ります

治療風景

虫歯はよほどひどくならなければ、治療で詰め物やかぶせ物をして、見た目や噛む機能を取り戻すことができます。でも、なるべく天然の歯質を残すということは、その後の歯の寿命にも大きく関わってくるということがだんだんわかってきました。

ヨクシオファミリー歯科では、少しでも歯が長持ちするよう、1ミリでも多くの歯質を残せるような治療を行なっています。また、虫歯を削った後に詰めたり、かぶせたり材料は、リーズナブルな保険の材料以外にも、セラミックのような審美性に優れ、体に優しい材料も各種取り揃えています。詳しくはご相談ください。

保険の詰め物・かぶせ物
【保険の詰め物・かぶせ物】

保険の詰め物は小さな範囲であれば、白いプラスチックの材料で詰めることが可能ですが、ある程度広い範囲の虫歯になるとメタルインレーという銀歯になります。被せ物は前歯に関しては硬質レジン前装冠と呼ばれる、金属フレームの前にだけプラスチックが貼り付けられたものになりますが、奥歯の場合には基本的に銀歯になります。保険の材質は安価ではありますが、耐久性や審美性の面では自費のものよりはどうしても劣ります。

自費の詰め物・かぶせ物
【自費の詰め物・かぶせ物】

自費の詰め物やかぶせ物は、様々種類からお選びいただけますが、当院では体に優しく、耐久性・審美性に優れるセラミックのものをおすすめしています。セラミックにすることで、より歯が健康に保たれるので、歯をなるべく長持ちさせたい方には特におすすめです。

歯周病治療

歯を失う原因No.1の歯周病

歯周病

歯周病は、歯周ポケットと呼ばれる歯のまわりの溝に歯周病菌が増えてその毒素が歯の周りの歯周組織を破壊し最終的には歯を支えている骨を溶かしてしまうという恐ろしい病気です。
初期の段階では、そこまで大きな症状がない為、自覚がない人がほとんどです。中期から末期にかけての症状が出始めた頃に歯科医院に来られる患者さまが非常に多く、手遅れになってしまっている人もたくさんみられます。
歯科での定期健診や以下に挙げたような症状を感じた時に歯科医院に相談すれば、最悪の事態は防ぐことができます。

歯周病を本気で治す治療プログラム「根本的歯周治療」

歯周病を根本から治したい、そんな思いから作られたのが「根本的歯周治療」。歯周病菌を根本的に治療し完治させることができる治療法です。歯周病を細菌レベルで治療し、歯を守るのはもちろん、歯周病によって引き起こされる様々な病気を未然に防ぐことができるのです。

入れ歯治療

失った歯を補う取り外し式の装置

入れ歯

入れ歯は歯を失った時に見た目や噛む機能を取り戻してくれる取り外し式の人工歯で、義歯とも呼ばれています。歯が何本抜けた場合にでも対応可能な治療法で、大きく分けて部分入れ歯と総入れ歯があります。また、保険の入れ歯、自費の入れ歯があります。

【保険の入れ歯】

部分入れ歯、総入れ歯ともに安価で作ることができます。保険の入れ歯で問題なく使える方も多いですが、審美的な面や快適さの面で満足がいかないことも珍しくありません。

【自費の入れ歯】

自費の入れ歯はより快適、より審美的になるような工夫がなされており、よりご自分の要望に合った入れ歯にすることができます。当院では数種類の自費の入れ歯を取り扱っていますので詳しくはご相談ください。

ブリッジ治療

少数の歯を失った時に行われる治療法

ブリッジ

ブリッジは、1本または2本という少数の歯を失った場合に、歯がない部分の両隣の歯を削って、歯がない部分をまたぐようにつながったかぶせ物で固定する方法です。ブリッジにも保険のもの、自費のものがあります。

【保険のブリッジ】

保険のブリッジは、前歯(犬歯まで)の場合には、白いプラスチックと金属を組み合わせたブリッジ、それより後ろの歯に関しては金属のブリッジになります。そのため審美的に問題が出たり、金属アレルギーを起こしてしまうリスクがあります。

【自費のブリッジ】

自費のブリッジは、多くの場合、審美性、耐久性に優れたセラミックを用いたブリッジになります。セラミックは体にも優しい材料なので、金属アレルギーの心配もなく、安心です。

^


電話をかける

ネット予約

TOP